ブログ一覧 ブログ一覧

宇和島徳洲会病院 ブログ一覧


掲載日付:2020.08.12

徳っ子見守り隊会報 2020-3号

第3回 新人研修 ラダーⅠ研修が行われました。

今回は『褥瘡』についての研修を行いましたので紹介します(o^―^o)
講師は当院の皮膚排泄ケア認定看護師の中島主任さんにお願いしました。



内容は、「褥瘡の基礎」「スキンケア」「オムツのあて方」「ポジショニング」の4項目。

講義では、褥瘡の基礎として、皮膚の特徴・褥瘡好発後発部位について学びました。




演習では、絆創膏や被覆材の正しい剥がし方を新人同士で行い、どのような剥がし方をしたら患者さんにとって、痛みがあり、スキンテア(皮膚裂傷)を起こすのか理解できたと思います。
また、スキンケアを行う際には、高齢者の皮膚の構造を理解しておかなければいけないことが分かりましたね。




ポジショニングやおむつの当て方については、実際に患者役、看護師役に分かれて演習を行いました。
仰臥位となった際に、隙間があることで、他の部位に負荷がかかり、苦痛があることや、普段なにげなく体位変換を行っていても、患者役を行うことで、どの体位が安楽であるのか、苦痛なのか実感できたのではないでしょうか。






研修後、「除圧の大切さがわかり、体位変換の時できていなかったので今後は除圧に気をつけていきたい」「オムツの細かい当て方がよく分かった」などという意見も聞かれ、有意義な研修となりました。
中島主任さんありがとうございました(^^♪




業務や病棟の雰囲気にも慣れ、新しい業務も少しづつ任されるようになったのではないでしょうか?(^^) 
たくさん覚えることがあって大変だと思いますが、よく頑張っていますね(^▽^)/

また、日々多忙な中で、オムツ交換や体位変換を行っていると思いますが、今回学んだ、患者さんにとって安楽な体位を心がけて実践に繋げていってほしいと思います。
皆さん日々の細かい看護の積み重ねが褥瘡発生予防へと繋がると思います(^^

掲載日付:2020.08.05

オムツマイスター・プロ研修を開催

看護・介護の質向上を目指して今年度より、『オムツマイスター・プロ』の育成に力を入れています。

オムツマイスター・プロ(アテントマイスター・プロ)は、大王製紙が提供する認定資格です。
全7回の研修を受講し、手順やノウハウを改めて学び、筆記試験・実技試験に合格すればオムツマイスター・プロとして認定されます。

資格取得後は、オムツのスペシャリストとして、オムツの適切な使い方や排泄についてのアドバイス・提案・サポートを行い、入院患者様の排泄ケアーに幅広く活かしていきます。

第1回目の研修には、看護師、介護士12名が参加し、正しいオムツの選択方法やオムツの装着方法を実体験を交えながら学びました。




参加したスタッフからは、
「今まではオムツの付け心地など考えていなかったけど、今回実際にオムツを装着してみて初めて患者様の気持ちがわかりました。」



「もっと知識を向上し、研修で学んだことを日々の業務に活かしていこうと思います。」



等の声が聞かれ、とても充実した研修となりました。

掲載日付:2020.07.22

名古屋徳洲会総合病院 内科専攻医 前田先生をご紹介します

広島大学医学部を卒業し、名古屋徳州会総合病院で研修させていただいている3年目専攻医の前田洋平と申します。愛媛県松山市出身です。
研修先に名古屋徳州会総合病院を選んだ理由は、外科部長の高山副院長が広島に就職説明会で来られた時に、僕がやりたいことを全部やらしてあげると約束してくださったからで、自由度の高い研修環境で高みを目指したいと徳洲会を選びました。

家は3代続く歯科医院ですが、母ががんを患った事などから病院医師を目指したいと思うようになりました。妹が歯科医になって家業を継いでくれましたが、私自身も将来実家の愛媛に帰って地域医療に携わりたいと考えています。
7月から9月まで3か月の研修をさせていただく宇和島徳洲会病院は、地域医療を大事にしている病院だと聞いています。
地域医療がどういうことを求めていて、どんなことが出来るかを知りたいと思って来ました。

結婚していて子供が二人、2歳と3か月のベビーがいるので、やはり毎日大変ですが、名古屋徳州会にいる時よりは、はるかに自由な時間を作っていただいていますので、家族は喜んでいます。ゴルフが趣味なので、宇和島でも皆さんとプレイしたいですね。

消化器内科医を目指していて、名古屋病院では上下部の内視鏡検査や治療も毎日担当させてもらっていましたので、こちらでも少しは貢献できると思います。今は何でもトライさせてくれる徳洲会を選んで良かったと思っています。宇和島でも積極的に何でもやりますのでよろしくお願いします。

前田洋平Dr  愛媛県松山市出身  広島大学医学部卒  名古屋徳洲会総合病院 内科専攻医

掲載日付:2020.07.16

徳っ子見守り隊会報 2020-2号

第2回 新人研修が開催されました。
入職して2か月となり、慣れない業務を行いながらで疲れがでてきているのではと心配していましたが、元気な姿を見て安心しました!(^^)!

今回は『食事介助と吸引』について学びました

講師の中井言語聴覚士さんより食事介助の実践を学びました。
新人さん同士でお茶ゼリーを使って食事介助をしています。





患者さん役とスタッフ役を行うことで患者さんの視点に立って、適切な量やペース、姿勢などを学ぶことができましたね。




吸引では人形シュミレーターを使っての実践となりました。
本当の患者さんへの実践は苦痛を伴う手技なので、皆さん真剣に取り組んでいます。





感染予防のための清潔操作と患者さんへの声掛けや手技の確認などを行いながら、皆さんできていました。




研修中に部署で困ったことなどを質問して、積極的に研修に取り組めていました。
とても有意義な研修となりました。これからの業務に活かしていってくださいね!!

掲載日付:2020.07.16

熊本大学病院 初期研修医 出来田先生をご紹介します

7月1日から1か月間、宇和島徳洲会病院で地域医療研修をさせていただく熊本大学病院研修医2年目の出来田と申します。よろしくお願いします。

熊本県の水俣市出身で、実家は歯科医院を営んでいます。
歯科医師もそうですが、医師は人々の健康、ひいては人生を支える仕事ですので、責任も大きく誰にでも出来る簡単な仕事ではありません。しかし同時にやりがいのある仕事でもありますし、医師に対する漠然とした憧れもあって自然と医学部を目指すようになりました。

母校の宮崎大学医学部を卒業後、地元の熊本大学病院で初期臨床研修をしています。大学病院と市中病院を1年ずつ経験出来る研修プログラムで、初期研修医として多彩な経験ができると思い選択しました。

趣味は料理と読書です。高校・大学では硬式テニスをしていて、最近はゴルフも始めました。
宇和島市には縁もゆかりもありませんでしたが、これまでと違う環境に行くことで刺激になり、また勉強になることがあるのではないかと思っています。特に総合診療で有名な病院と聞いているので、短い期間ですが沢山のことを学んで帰りたいと思っています。

将来的には外科系に興味があります。顕微鏡下の手術に興味があり、後期研修は熊本大学の脳神経外科に進みたいと思っています。
まだまだ未熟ですが、医師としての自覚を持ち、感謝と謙虚な気持ちを忘れずに日々成長できればと思います。
皆さんご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

出来田祐治Dr  熊本県出身  宮崎大学医学部卒  熊本大学病院2年目初期研修医


menu close