-->

掲載日付:2022.11.07

初期研修医のご紹介  ~琉球大学の同期が宇和島で再会!!~ 

当院で現在研修を行っている2名の初期研修医。
実は琉球大学の同級生なんです。
それぞれ、福岡徳洲会病院と中部徳洲会病院に進んだ二人が宇和島で再会!!



初期研修医、仲地Drと金城Drをご紹介します。



仲地政也先生 福岡徳洲会病院 初期研修医

沖縄生まれ沖縄育ちです。
小・中・高とずっとサッカーをやっていて、中・高ではキャプテンを任されていました。

大学を卒業して福岡徳洲会病院に入職しました。
初めて県外に出て生活をしています。

医師を目指したきっかけは、はっきりと一言では言えないのですが、日々の暮らしの中に医療がわりと身近にあったと思います。
僕は子どものころ身体が弱くて、両親からは「死にかけて病院に行ったんだよ」って言われます。

小さいころから通っていた塾に「ブラックジャック」の漫画がたまたまあって、読んでみたらすごく興味を惹かれて医師を目指すことが具体的になったかな。

将来は神経内科に進む予定です。

祖父の一人はパーキンソン病、もう一人がレビー小体型認知症を患っていて、
どちらも神経内科の領域なんです。

神経内科は基礎学習の時に勉強していて、似たような物質がたまる場所が違うだけで症状も病態も全然変わってくる。
片方は長い間小康状態で続くけれど、もう片方は幻視も見るしガタガタと予後が短いんです。
対照的な二人を見てとても興味を持ちました。

レビー小体型認知症を患っている祖父は三線の奏者で、毎年お正月はみんなに披露していたんですが、ある時から弾かなくなりました。
手が動きづらかったのと幻覚が見えるようになったようです。

祖父の横に座って2時間くらい祖父に見える幻視につい話を聞き続けました。
顔が壁からにゅうっと出てきたりするんだそうです。
患者さんの生の声を聴いて、立体的にイメージ出来てとても勉強になりました。

宇和島での研修では病棟管理を学んで帰りたいです。
初めて入院主治医としてやっていきます。
自分に任されていると思いますので、しっかり努めたいと思います。

宇和島はご飯が美味しいです!!
看護師さん、コメディカルの人がすごく優しい。
先生方もすごく優しくで、聞いたらなんでも教えてくれます。
宇和島にいる間にたくさん質問してたくさん身につけて帰ろうと思っています。
食らいついていきます!!
よろしくお願いいたします。

仲地政也先生





金城渉先生 中部徳洲会病院 初期研修医

沖縄生まれ沖縄育ちで、沖縄から出たことがありません。
今回初めて県外に出て2ヶ月過ごします。
そして、初めての一人暮らしでもあります。

宇和島は食べ物が美味しいです。
お魚は沖縄でもよく食べるけど、美味しさが違います!!

沖縄の研修病院はプライマリの初期対応はどこでも一定レベルは鍛えられるのが強みですが、その中でも症例数が多く、一番ハードワークと言われている中部徳洲会病院を選びました。

今回、地域医療研修に宇和島を選んだのは、昨年宇和島に研修に来ていた宮城先生と都丸先生にすごく勧められたからです。
「わっちゃんは宇和島に行ったほうがいいよ」って。

宮城先生たちとは大学時代から仲が良くて、その二人が勧めてくれるのなら「間違いない!」と思って来ました。
意外と人のオススメを素直にきくタイプなんです(笑)。

僕がなりたい医師像は総合診療・家庭医です。

父も祖父も町医者をしています。
僕も地域をまるっと診ることができる医師になりたいと思っています。

母が石垣島の出身なのですが、小学生の頃は年に3回、春夏冬休みは全部石垣島に行っていました。
石垣島の親戚は島の方々にとてもとてもよくしてもらって、いつのころからか先々数年でも石垣島で仕事をしたいと思うようになりました。
親戚の人たちにもお医者さんになってまた来てね!なんて言われたりもして、だったら医師になれば喜んでくれるかな?と。
それがなんとなくずっと頭にありました。

専門的な勉強に進む前に、今たくさん症例を診て経験を積んでいるところです。

宇和島での研修については少し話を聞いていて、内科の主治医をするということで、自分で何でもやらなければならないと不安な面もありました。

来てみたら、バックアップがかなり厚いと感じています。
徳洲会ならではかも知れませんが、宇和島も看護師、技師、検査、リハビリなど層が厚く、みんなが研修医を育ててくれている。そんな印象です。

それに加えて上の先生方がすごく色々教えてくれます。
外科も内科もバックアップがすごく厚くてびっくりしました。
本当にたくさん教えていただいてありがたいです。

宇和島で2ヶ月研修するのとしないのとでは、この先全然違ってくると思います。
とにかく、一つでも多くの事を身につけて帰ろうと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

金城渉先生




大学時代の友達と久しぶりに会って、また一緒に切磋琢磨する。
いいですね。とても心強いことでしょう。



週末はよく一緒に釣りを楽しんでいるとのこと。
早速、石応でゼンコとアオリイカ(モイカ)を釣りあげ、さばいてくれる居酒屋さんを見つけて味わったそうです。
そのお店で近くにいたお客さんに声をかけたら、市内のクリニックの院長先生だったとか。
きちんとご挨拶して日本酒をごちそうしていただきました。

仲地先生、金城先生お二人とも、ともて穏やかで優しくてひたむきで一生懸命。
私たちもついつい応援したくなるような先生方です。



お二人が実りある研修を行えるよう、私たちも精一杯サポートさせていただきます。

よろしくお願いいたします!!



掲載日付:2022.09.08

地域医療研修 折り返し!

当院では今、福岡徳洲会病院の初期研修医馬場倫弘先生と札幌東徳洲会病院の初期研修医市村祐人先生が地域医療研修を行っています。

後半戦に突入した研修ははたして順調か??

馬場先生 市村先生 (左より)



-研修期間も残り半分となりましたがいかがですか?
馬場Dr 毎日充実しています。ご飯も美味しいし宇和島はいい街ですね。
市村Dr 生活にも困らないし、想像してたより全然田舎じゃなかったです(笑)。

-先生方のプロフィールを簡単にお聞きしたいのですが
市村Dr 茨城県出身です。旭川医科大学を卒業後、救急をしっかりやりたくて札幌東徳洲会病院に入り、今、初期研修2年目です。
馬場Dr 僕は香川県出身です。岡山大学医学部を卒業後、先輩に福岡楽しいよって誘われて福岡の地を選びました。忙しい環境に身を置いてしっかり学ぼうと思って福岡徳洲会病院で初期研修を行っています。



-医師を目指したのはどういうきっかけだったのですか?
馬場Dr 僕はテレビドラマ『医龍』です。
市村Dr 僕もそうですよ。『医龍』とかドラマを見てかっこいいなと思いました。家族に医師がいるというわけではなく、一人医療の世界に飛び込んだ。そんな感じです。
馬場Dr 中学生の時にドラマをみてすごく感動して医師になりたいと思いました。うちは祖父から家族みんな公務員で、医師を目指したのは僕だけです。



-宇和島での研修はいかがですか?
馬場Dr 研修期間が2ヶ月あるので、いろいろと経験させてもらっています。
市村Dr そうですね、症例もままあって充実しています。他の病院の同じ研修医や専攻医と一緒に仕事ができるのもいい刺激になっています。
馬場Dr 宇和島に来て、内科外来を初めて経験しました。
市村Dr 外来で診て病棟で主治医となって退院まで一人で担当するのも初めてです。
馬場Dr 病棟管理を自分でやるのはとても勉強になります。
市村Dr 迷ったりした時にどの先生に相談してもいつも丁寧に答えてくれますので心強いです。
馬場Dr 特に1学年上の松木先生は相談しやすいし、いろいろ気にかけてくれていてとても助かっています。
市村Dr 細かく見てくれていていろんなアドバイスをもらっています。あと、毎週退院カンファレンスがあるのもとても勉強になります。


     
-宇和島での研修ではどのようなことを身につけたいですか?
馬場Dr まず、病棟管理ですね。それから今、基本的な内科の外来の大変さを身をもって感じています。
市村Dr タスクマネジメントというか、病棟を持ちながら外来や救急当番を担当するのは、自分で仕事を組み立ててやらないと業務が回りません。宇和島に来た一週目はすごくキツかったのですが、今はだいぶ慣れて上手くできるようになってきました。病棟を持ちながら外来をやっている先生のすごさが分かってきましたね。
馬場Dr やりがいのある仕事ができて充実しています。それに、看護師さんも事務の方も僕らはまだ研修医なのにいろいろとやってくれてとても助かっています。
市村Dr そうそう。そんなにかしこまらなくていいのに、僕らまだ若輩なのにと思いますが、本当にありがたいです。

医師事務さんも一緒に☺



-将来はどのような医師になりたいですか?
市村Dr 僕は形成外科に進みます。救命に近いところからもう少しQOLや整容面のところに寄り添えるようなことをやりたいと思っています。まずは、傷をきれいに治す技術を身につけてから、熱傷や再建とか救命した後のことまでしっかりやれるようになりたいです。
馬場Dr 僕は手術を多く手掛けたくて呼吸器外科に進みます。手術の経験を積んで技術を磨いて将来的には肺移植に携わりたいと思っています。やりたいことをやるためには、やりたくないことも(苦手なことも)一生懸命やらないといけない。やりたいことだけをやるだけではだめだと肝に銘じています。



-宇和島での楽しみは?
馬場Dr 宇和島は魚が美味しいですね。食事が楽しみです。
市村Dr サバのお刺身を食べました。あれはちょっと感動しました。北海道とはちがったサバやアジ、鯛とかすごく美味しいです。
馬場Dr 休みの日に、吉野川のラフティングに3人で行きました。
市村Dr 今度は高知の柏島にダイビングに行こうと計画中です。天気が良いことを期待して。
馬場Dr いつも松木先生が企画して予定をたてて手配してくれます。そして市村先生が運転手で、僕は後ろに座ってます(笑)。



馬場Dr、市村Drと専攻医の松木Drの3人はとてもいいチームワークで、様々なことを相談しながら、和気あいあいと業務に励んでいます。
馬場Dr、市村Dr、松木Drもこの研修や将来の目標をしっかり持って日々取り組んでいらっしゃいます。
コロナ禍ではあまりおもてなしができないのが残念です。
でも、せっかくの宇和島研修ですから、「宇和島の良い景色」「宇和島の美味なもの」「宇和島の癒し」など一つでも多くの思い出を作っていただけたらなと思います。

残りの研修期間もどうぞよろしくお願いします。

   
    


掲載日付:2022.08.03

応援研修 松木Drご紹介

岸和田徳洲会病院 外科専攻医 明るくてとてもチャーミングな松木仁美先生をご紹介します。
当院で10月末まで応援研修を行う予定です。

愛知県岡崎市で生まれ育ち、都会と関西弁にあこがれて神戸大学医学部に進学しました。
救急の症例を数多く学び・経験できる岸和田徳洲会病院を研修病院に選び、2年間の初期研修を終えて現在外科専攻医1年目です。

テレビドラマ『コード・ブルー』に触発されて医師を目指しました。
ドラマに出てくる医師がとにかくかっこよかったんです。
「私もあんな風に患者さんを助けられる医師なりたい」と強く思いました。
大学6年生の時に最新の映画が公開されたのですが、俳優のセリフの内容が全部理解できて、自分の成長を感じました。

当初は救急専門医を目指していたのですが、初期研修で外科を回っていた時に手術を経験させてもらって、外科分野にも興味を持ちました。
まずは外科の技術を身につけたいと考えるようになり、現在外科専門医取得のための研修中です。
最終的には外科の技術・知識を持つ救急医になることを目標にしています。

宇和島での応援研修では、内科をもう一度勉強し直すつもりで取り組んでいます。
内科の先生方に相談しながら業務を行うことができて、とてもいい学びになっています。

また、宇和島では少し時間に余裕ができてきたので、この機会にゆっくりと読書をしたいと思っています。
実は、たくさん買いだめてあるんです!!
それから、宇和島はお魚がすごく美味しいですね!!
食べることが大好きなので、宇和島をたくさん味わいたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。




松木先生が笑うと医局が明るくなります。
面倒見もよく、初期研修医の先生方に色々とアドバイスしてくれます。
姉御肌で男前な一面もあるんですよ。
松木先生とお仕事ご一緒できるのとても嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

掲載日付:2022.06.17

研修医のご紹介

角田 正博 先生

6月6日から7月30日まで宇和島徳洲会病院で研修させていただく角田正博と申します。

生まれも育ちも大阪です。北九州市にある産業医科大学を卒業しました。
一度は北海道に住んでみたいと思っていたので、札幌東徳洲会病院を研修先に選びました。

医師になろうと思ったのはドラマでの憧れもありますが、純粋に医療に興味があったからです。
将来は整形外科に進み、地域に根差した医療が出来ればと思っています。

趣味は筋トレです。スポーツが好きで、整形外科を目指した理由でもあります。

こちらの病院はご高齢の方が多く、入院主治医を担当させていただく中で、患者さまの最後に立ち会うことがあります。
一人一人の患者さまに合わせ、ご家族も一緒に方針を考えて立ち会うことが出来たらと思います。
患者さまご本人はもちろん、ご家族とも信頼関係を作っていけるような医師になりたいと思います。

宇和島の医局はすごく温かい先生が多く、病院スタッフもやさしくてなじみやすいです。
四国は始めてですが、自然が沢山あって、お魚がすごく美味しいです。
色々なところへも観光したいと思います。

2か月間どうぞよろしくお願いいたします。

角田正博先生  札幌東徳洲会病院  初期研修医


掲載日付:2022.06.06

研修医のご紹介

森口 真哉 先生

福岡市出身、福岡大学卒、福岡徳洲会病院2年目研修医の森口真哉と申します。
5月23日から2か月間研修させていただきます。よろしくお願いします。

両親ともに医師という環境で育ち、いつの間にか将来の選択として医師を選んでいました。
父が脳外科医で、同じ道に進むことに決めています。

こちらの病院では、ER中心の福岡ではあまり経験できない病棟主治医をやらせえていただけるので、病棟管理をしっかり学んで帰りたいと思っています。

趣味は、大学の頃から始めた筋トレですが、最近はやっていないのでそろそろ再開したいと思っています。
キャンプと釣りも好きです。病院の釣りクラブに参加させていただけるようなので、とても楽しみにしています。

座右の銘とか立派なものではありませんが、流れに身を任せるという言葉があります。
医師になるのも、脳外科に進むのも、流れに身を任せてきましたが、波風を立てず、流れに乗りながら、その時その時で最良の方法を選ぶことにしています。

森口真哉先生  福岡徳洲会病院  初期研修医


menu close