-->

掲載日付:2021.06.11

初期研修医 坪根先生 都丸先生 ご紹介

坪根遼平先生  6~7月研修

5月24日から2か月間宇和島で研修させて頂く、岡山大学卒、福岡徳洲会病院2年目研修医の坪根と申します。
出身は福岡県北九州市です。地元に帰って医療に貢献したく、年間1万台以上と圧倒的に救急搬送が多い福岡徳洲会病院を初期研修に選びました。
当直も多く体力的には大変ですが、3年目からは整形外科に進むので今は沢山の経験を積みたいと思っています。

こちらの病院はご高齢の患者さんが多く、終末期の管理や糖尿病、循環器疾患など、福岡では学べない基本的管理が出来るようになるための良い機会だと思っています。

こちらに来て2週間になりますが、割と自由にさせていただいているもののその分責任の重さも感じています。
患者さん個々の状態や背景をよく理解したうえで慎重に判断し、より良い治療選択ができればと考えております。

医師になろうと思ったのは、ドラマでの憧れもありますが純粋に医学に興味があったからです。
趣味はスポーツも大好きですが、忙しい毎日なので今はご飯を食べることですね。
休日は自然豊かな宇和島で美味しいものを探したいと思っています。

医師は少ない病院ですが、お一人お一人が熱心で、相談もしやすい環境で色々教えてくださり助かっています。
至らぬ点も多くご迷惑をおかけしますが、精一杯勉強させていただきます。
よろしくお願いいたします。

坪根遼平先生  福岡徳洲会病院 初期研修医




都丸翔先生  6~7月研修

琉球大学医学部卒、沖縄中部徳洲会病院2年目研修医の都丸と申します。
群馬県で育ったこともあって、海への憧れが強く沖縄までやってきました。

将来は循環器科や救急に進み、急性期の治療に携わりたいと考えています。
救急は忙しいですが何事にもひるまず率先して行動して、早く一人で対応出来るよう頑張ります。

宇和島徳洲会病院では6月1日から2か月間研修させて頂きますが、人が良くて気候も過ごしやすく気に入っています。みなさん優しく教えて下さるので助かっています。
急性期も慢性期もある病院なので、患者さんや患者さんのご家族とのコミュニケーションの仕方や終末期のケアなどを学んで帰りたいと思っています。

趣味というほどではありませんが紅茶が好きです。紅茶専門店に行って自分で入れて飲んだりしています。

モットーとしていることは、波のない人間になることです。
怒ってもしょうがありません。患者さんの気持ちを理解し、寄り添い穏やかに急性期を診れるような医師になりたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

都丸翔先生  中部徳洲会病院 初期研修医


掲載日付:2021.04.20

応援研修に来られた橋本先生をご紹介します

岸和田徳洲会病院から応援研修として4月5日からお世話になります橋本和也と申します。
高校までは奈良県で育ち、福井大学を卒業後、杉田玄白記念公立小浜病院で2年間の初期研修を経て、3年目から心臓血管外科専攻医として岸和田徳洲会病院で勤務しております。
もともと心臓が好きで、研修で胸を空けて動いている心臓を直接見た時にとても感動し、興味を惹かれました。

今後専門性の高い分野に行きますが、高血圧、糖尿病などの一般的疾患のコントロールや治療もできる医師でありたいと考えています。
この地域で困っておられる方を全般的に診させていただき、たくさんの経験をして将来に役立てたいと思います。

ここ宇和島徳洲会病院は初期研修をしていた病院と雰囲気が似ていて、患者層も一緒で、病棟から海が見えるところも同じです。
皆さん親切な方ばかりで、のびのびとやらせていただいています。

「諸行無常」を高校の頃から座右の銘にしています。
何事もトレンドやしきたりとか、移り変わっていくのが当然で、自分が前の病院でやっていたやり方とか知っていることに固執せずに、どんどん新しいものに柔軟に対応できればと思います。
3か月間という短い期間ではありますが皆様の力になれるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。

橋本 和也 先生  岸和田徳洲会病院  応援研修 4月~6月


掲載日付:2021.04.14

4月より地域医療研修に来られている研修医のご紹介

今年度もグループ内外の初期研修医の先生方が地域医療研修のために当院に来られます。
良い研修を行っていただくために私たちスタッフも精一杯サポートさせていただきます。

それでは4~5月に研修される先生方をご紹介します。


坂田 光太郎 先生   福岡徳洲会病院 初期研修医  4~5月

福岡出身、山口大学医学部卒の福岡徳洲会病院2年目研修医の坂田です。
3月29日から5月末までの2月間よろしくお願いします。

私が医師になろうと思ったのは、母が看護師で老人ホームの施設長をしていて、そこに往診で来られる先生に憧れたからです。
将来は産婦人科に進みたいと思っています。実習で不妊治療が成功したときと生まれたときを見てとても感動したからです。

最近はやっていませんが、スキューバーダイビングやキャンプなどアウトドアであれば何でもやります。スポーツが好きで、体力には自信があります。

宇和島徳洲会病院は、磯の匂いがする海にすぐにも飛び込めそうな場所にあります。
子供の頃よく行った母の実家も港町だったので、懐かしく感じます。
こちらでの研修目標は、福岡徳洲会病院で出来なかった病棟管理と一般外来を学ぶことです。
私のモットーは人に優しく自分にも優しくです。まだまだ未熟なので多大なご迷惑をおかけするとは思いますが、少しでもお役に立てるように頑張りますのでよろしくお願いします。

坂田光太郎先生  福岡徳洲会病院 初期研修医




宮城 基 先生   中部徳洲会病院 初期研修医  4~5月

琉球大学医学部卒、沖縄中部徳洲会病院2年目研修医の宮城と申します。3月30日から2か月間研修させて頂くことになりました。どうぞよろしくお願いします。

徳洲会を研修先に選んだのは、いろいろなことに挑戦することができ、望めばどこまでもやらせていただけるからです。症例数も多く経験に勝るものはないと感じています。
心臓が好きすぎて心臓外科に進むことを決めています。

自分のモットーは淡々と生きることです。仕事でストレスや人間関係に惑わされることがついてきますが、それに流されないでいつでも自分のパフォーマンスを発揮できるように淡々と生きることが重要だと考えています。宇和島でもしっかり学び、実践することで早く皆さんに信頼して頂けるようになりたいと思っています。2ヶ月間よろしくお願いします。

宮城基先生  中部徳洲会病院 初期研修医


掲載日付:2021.02.12

研修医 中山Dr 中園Dr ご紹介

福岡徳洲会病院から来ました研修医(2年目)の中山大輔です。
1月25日から3月26日までの2か月間お世話になります。
近畿大学医学部卒業後、地元の福岡に戻り、救急の多い福岡徳洲会病院を選び研修させていただいています。
父が開業医をしているので、長男として何となく敷かれたレールに乗って医師になったようなところもありますが、日々医師として経験を積み重ねる中でやりがいのある仕事だと思うようになり、責任の重さも感じています。

大学では6年間硬式テニスをやっていました。趣味は本を読むことです。高校の時はバンドも組んでいましたが、今は忙しい毎日で余裕がなく休日は買い物に行く程度で、のんびりと家で過ごすことが多いですね。
愛媛は初めてなので、コロナ禍ではありますが落ち着いたら少し観光できればと願っています。

宇和島徳洲会病院の感想は、意外と手技が多いと感じでいて、適度に忙しくやりたいと思う診療が出来るので、このまま頑張って実力をつけていきたいと思っています。
肺炎とか尿路感染など、感染症の一般的な治療について、入院してからしっかり治療して退院させるという一連の流れをきちんと学ぶことで成長できればと思います。
今後は循環器科に進む予定ですので、心不全の患者さんに対しての治療も経験できればと思っています。
よろしくお願いいたします。

中山大輔先生   福岡徳洲会病院 初期研修医




宇治徳洲会病院から参りました中園と申します。熊本県出身、東海大学医学部卒です。
2月から3月までの2ヶ月間、宇和島徳洲会病院で研修させていただきます。よろしくお願いいたします。

医学部に入る前にはCMを作りたくて映像系の大学で学んでいましたが、東日本大震災をきっかけに直接人の役に立てる仕事がしたいと思うようになり、再受験をして医師を目指しました。
色々な疾患を診る総合診療に興味があったため、研修病院は救急・総合診療の勉強ができる宇治徳洲会病院を選びました。

宇治徳洲会では救急や急性期の症例を診ることが多かったのですが、こちらでは慢性期の症例も診ることが多いと伺いました。患者さんの数だけそれぞれが抱える問題異なるため、この研修では、同じ疾患であっても患者さん一人一人に合わせたケアを提供できるよう経験を積みたいと思っています。

食べることが好きなので、せっかくの宇和島研修ですから美味しい海鮮を満喫できればと思います。また、陶器や写真も好きなので、この2ヶ月の間に砥部焼や景色がいい場所も巡ってみたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

中園学先生    宇治徳洲会病院 初期研修医

掲載日付:2021.01.15

応援研修に来られた吉村伸大先生をご紹介します。

1月~3月まで内科医として勤務させていただく吉村伸大です。
生まれは鹿児島県の徳之島で、小学校まで住んでいました。佐賀大学医学部を卒業後、福岡徳洲会病院で研修し内科に進みましたが、内視鏡の技術を身につけたいと考え、現在は岸和田徳洲会病院の消化器内科で働いています。
弟も同じ佐賀大学に進み医師になっています。

医師になりたいと思ったのは、小学生の頃読んでいた「学研まんが」という児童向けのがきっかけです。医学に興味がわき、始めは何となくですが医師を夢見るようになった気がします。
大学では茶道と空手をやっていました。趣味としては今忙しく余裕がありませんが、学生時代お菓子作りをしていたぐらいです。

ここ宇和島の感想は、電車で空港から2時間ぐらいかかり、遠いことにびっくりしました。
昨年12月に応援が急に決まり、全く知らないところで不安はありましたが、地域も病院も穏やかで、働きやすい環境だと感じています。3か月と短い応援期間ですが、皆様のお役に立てるよう頑張りたいと思っています。
何卒宜しくお願いいたします。

吉村伸大(よしむら のぶひろ)先生  岸和田徳洲会病院 


menu close