-->

掲載日付:2019.12.09

研修医 百武紘司先生 ご紹介

みなさん、こんにちは。
福岡徳洲会病院2年目研修医の百武紘司(ひゃくたけ ひろし)です。
出身は佐賀県で、久留米大学医学部を卒業しました。
来年の1月末まで2か月間こちらの病院で研修させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

四国へは一度行ってみたいと思っていました。魚など、食べ物がおいしいと聞いています。
趣味が旅行なので、休日はいろいろな場所を回って美味しいものを探したいです。

スポーツは大学時代にバスケットボール、中学までは野球やテニスもしていました。
当院にはテニス部があると聞いています。
是非参加させていただいて、職員と打ち解けるいい機会になればと思っています。

医師を目指したのは、実家が整形外科病院であるとこや、
医師になれとは言われなかったのですが、家族の影響が強いと思います。

来年から福岡大学の整形外科に入ります。
整形では、全身状態をあまり診る事が少ないと思います。
こちらの病院で入院患者を担当させていただき、最低限の管理が出来るようになれればと
考えています。

目標としては、だいぶ遠い将来ですけど、何か一つの分野でもいいので、
整形だったら、膝とか股関節とか百武にまかせれば大丈夫と言われる医師になりたいです。

百武紘司Dr  佐賀県出身  久留米大学医学部卒  福岡徳洲会病院2年目初期研修医


掲載日付:2019.12.02

酒井Dr 研修修了

福岡徳洲会病院から来られていた酒井政彦Drの2ヶ月間の研修が修了いたしました。
あっという間の2ヶ月でした。

研修の成果として、思い出の症例を『両側下腿痛の一例』というテーマで発表し、
上級医の先生方からの質問にも真摯に答えていました。





研修修了式では保坂院長より、
「どんなに忙しい時でも嫌な顔ひとつせず、笑顔で一生懸命取り組んでくれてありがとう。
 本当にお疲れ様でした。」との言葉と共に、
修了証と記念品の図書券が授与されました。




酒井Drは、
「来年から整形外科を勉強します。
 これから学ぶ機会が少なくなる内科を2ヶ月間集中して勉強することができ、
 内科の基礎を作っていただきました。
 また、主治医をもたせていただき責任ある中でいろいろと学ぶことができました。
 医者の人生ですごく大事なことを教えていただきました。
 同じ福岡病院の優秀な先輩と一緒に研修できたのも本当に良かったです。
 2ヶ月間本当にお世話になりました。ありがとうございました。」
と挨拶をされました。




酒井先生、2ヶ月間本当にお疲れ様でした。
時には、宇和島のことも思い出してくださいね!!


酒井先生の思い出の写真をいくつかご紹介します。

ナイスバディ 医局で藤山Drに相談している姿をよく見かけました


たまには息抜きも必要です 美味しいものを食べてまた頑張ります


釣れなかったけど。。。 楽しかったですね!!


送別会を開きました 酒井先生お疲れ様でした!!




掲載日付:2019.10.15

渕崎蓉史Dr 宇和島での研修を振り返って

3ヶ月間本当にお世話になりました。



昨年は研修医2年目として2ヶ月間研修をさせていただきました。
昨年上手くいかなかったこと、どのように動いていいかわからなかったことが、
1年を経て自然と出来るようになっていて、成長を実感できました。



また西日本豪雨で開催できなかったお祭りも今年は参加することができ、
宇和島を満喫することができました。

うわじまガイヤカーニバル


宇和島おどり大会


祭のクライマックス 走り込みと仕掛け花火



何より総長、院長はじめ、他の先生方やコメディカルの方々が温かく、
いつでも相談に乗ってもらうことができ、手助けしてもらえる贅沢な環境でした。

外来、救急当番、当直、病棟管理と多忙な生活でしたが、
それも気遣って飲みやご飯に連れて行ってもらったり、
院長に誕生日会を主催していただいたりして、
病院外でも宇和島を昨年以上に満喫することができました。

ハッピーバースデー!!



釣りクラブ主催  釣り大会



昨年、今年とたくさんお世話になったため、
いつかまた還元できるよう勉学に励みたいと思います。



3ヶ月間ありがとうございました。


掲載日付:2019.10.07

研修医  藤山陽先生 酒井政彦先生  ご紹介

10月より新しい研修の先生が来られました。
とてもさわやかな笑顔のお二人です。
よろしくお願いいします。

左:酒井Dr  右:藤山Dr



【 酒井政彦先生 福岡徳洲会病院 2年目研修医 】

福岡大学出身、研修医2年目の酒井です。
地域医療研修として2ヶ月間お世話になります。
どうぞよろしくお願いいたします。

出身も福岡で、高校では剣道、大学時代はボート部に所属していました。
お酒が好きなので飲み会にも積極的に参加し、皆さんと早仲良くなりたいと思っています。

父親が医師という環境で育ったため、医師以外の職業はあまり考えていませんでした。
高校を出る時には悩みもしましたが、後を継がないにしてもまずは医師になってみようと
思い進みました。

こちらの病院は、前院長の仲道先生に内視鏡を学ぼうと思って選んだのですが、
まさかの、今年4月からの福岡への異動があり、
結果として福岡で仲道先生に内視鏡を学ぶことになりました(笑)。

整形外科志望ですが、内科の疾患にも対応出来るようになりたいと考えています。
福岡の病院では、病棟管理を主治医としてやることはないので、
病棟管理と最低限の内科の知識を学ぶ最後のチャンスだと思っています。
内科疾患を通して病棟管理をしっかりできるようになることが目標です。

まだ、未熟で出来ない事もたくさんありますが、
精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。



【 藤山陽先生 福岡徳洲会病院 3年目研修医 】

福岡大学出身の藤山です。宮崎県延岡市で育ち、高校の途中までは野球をしていました。
今はあまりやれる時間がないのですが、趣味は筋トレです。

医者を目指したきっかけには、ある感動的な物語があるんです。
この物語については、またの機会のお楽しみにとっておきましょう!!

私は昨年も宇和島で初期研修をさせていただきました。
海の匂いがするこの病院に1年ぶりに後期研修で戻ってきて、懐かしさを感じています。
前回の研修では、常に一人ではなく指導医の先生方のサポートをいただきながら、
一人の患者さんに対しての取り組みをじっくりと学ぶことが出来ました。
ただこなすだけではなく勉強しながらやれたことで、その後の福岡での研修にも
活かせたと思います。

今回は、同じ福岡病院から2年目の後輩も研修に来ています。
初めて経験することの多い後輩の相談にものりながら、
少しでもフォローできればと思っています。

研修3年目、自分で主治医になって半年、常にサポートがあって再確認できる福岡とは違う
厳しい環境ですが、一人でどこまでしっかり出来るかを目標にして、悩んだ時には相談し、
報連相をしながら自分の知識を高めていければと思っています。
3ヶ月間どうぞよろしくお願いいたします。

掲載日付:2019.08.05

木下逸人Drが見学に来られました

愛媛県松山市松前町出身の木下逸人(きのしたはやと)です。
東京の杏林大学医学部卒業後、現在千葉西総合病院で研修をさせていただいています。
将来は内科系に行きたいと考えていますが、愛媛に同じ徳洲会グループの病院があることで、
3年目を考える前に一度見ておきたいと思い『相互交流期間を』利用して見学に参りました。
地域でどんな人が病院にきて、どんな病気に罹っているのかを知るとともに、
ここでやられている腎移植にも興味があるので、見学出来ればと思っています。
高校ではハンドボール、大学ではゴルフ部に入っていました。
歴史が好きなので時間があったら宇和島城や歴史資料館なども見てみたいと思っています。
五日間ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、よろしくお願いします。

木下逸人Dr   愛媛県松山市出身   杏林大学医学部卒


menu close