-->

掲載日付:2020.08.18

今西Dr、森山Drの研修が始まりました!!

8月より、2ヶ月間研修をされる今西Drと森山Drをご紹介します。


今西啓太 先生 札幌東徳洲会病院 初期研修医2年目


8月より2か月間宇和島徳洲会病院で研修をさせていただく今西啓太です。京都府出身です。

医師を目指したのは、命に係わる仕事に携わりたかったからです。
北海道大学医学部を卒業後、昨年度より札幌東徳洲会病院で初期研修をさせていただいています。
札幌東徳洲会病院は実習でもお世話になった病院で、大学病院では経験できない多くの症例と手技が経験できることと、先生方がとても熱く指導して下さるので、ここで学びたいと思いました。患者様のデメリットにならないよう、一人の医療人として確かな知識と、高い技術を持ち、患者さんと信頼関係が築いていけるような医師になりたいと思っています。

医者は体力勝負と聞いています。高校までソフトテニス部で、大学でも硬式テニス部の部長をしていましたが、研修医としての生活が始まると業務に追われる日々が続き、運動不足が心配です。
今後の進路についてはまだはっきり決まっていませんが、内科を目指し、その中で専門を決めたいと思っています。

宇和島徳洲会病院の感想は、外来で診た患者一人一人の振り返りがしっかりしていると思いました。主治医としても、はっきりと任せていただけるので、病棟管理をしっかり学べればと思っています。

宇和島に来て一週間、北海道に比べ無茶苦茶暑いですが、熱心な先生が多く、質問もし易く学びやすい環境だと感じています。
他のスタッフも優しく雰囲気のとても良い病院で、本当に来てよかったと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。




森山菜夏 先生 福岡徳洲会病院 初期研修医2年目


福岡徳洲会病院で研修をさせている森山菜夏と申します。
8月4日から9月26日までこちらの宇和島徳洲会病院で地域医療研修をさせていただきます。
宮崎県出身で、大分大学医学部を卒業しました。福岡徳洲会病院は、救急件数が非常に多くて、いい経験を積むことができる思い研修先に決めました。
最近の福岡市内は新型コロナウイルスの感染が増え、私も宇和島に行く直前で濃厚接触者リストに入ったことで自宅待機になり、1週間ほど着任が遅くなり、ご迷惑をおかけしました。

医師を目指した理由は、父が脳神経外科医なので、やはり影響を受けたと思います。
進路としては、婦人科か消化器内科のどちらかを選びたいと思っています。

音楽が大好きで、大学ではサックス奏者としてジャズ研究会に入って活動していました。今はギターも始めたところです。
宇和島徳洲会病院は、海が近くにあってびっくりしました!!
職員は皆さん優しくて、挨拶も気持ちよく、とてもいい雰囲気の病院だと感じています。
こちらの病院での目標は、福岡ではあまりタッチしない病棟管理をメインにして、自分がこの患者さんを治すんだという気持ちで、自分で考え自分でやってみることを課題にしたいと思います。
外来も救急外来しか診察していなかったので、定期外来での糖尿病コントロールにも初挑戦し、しっかり学んで帰りたいと思います。
医師は少ない病院ですが、お一人お一人が熱心で、相談もしやすく、指導も適切で、非常にためになります。
至らぬ点も多く、ご迷惑をおかけしますが、精一杯勉強させていただきますので、よろしくお願いします。



掲載日付:2020.07.22

名古屋徳洲会総合病院 内科専攻医 前田先生をご紹介します

広島大学医学部を卒業し、名古屋徳州会総合病院で研修させていただいている3年目専攻医の前田洋平と申します。愛媛県松山市出身です。
研修先に名古屋徳州会総合病院を選んだ理由は、外科部長の高山副院長が広島に就職説明会で来られた時に、僕がやりたいことを全部やらしてあげると約束してくださったからで、自由度の高い研修環境で高みを目指したいと徳洲会を選びました。

家は3代続く歯科医院ですが、母ががんを患った事などから病院医師を目指したいと思うようになりました。妹が歯科医になって家業を継いでくれましたが、私自身も将来実家の愛媛に帰って地域医療に携わりたいと考えています。
7月から9月まで3か月の研修をさせていただく宇和島徳洲会病院は、地域医療を大事にしている病院だと聞いています。
地域医療がどういうことを求めていて、どんなことが出来るかを知りたいと思って来ました。

結婚していて子供が二人、2歳と3か月のベビーがいるので、やはり毎日大変ですが、名古屋徳州会にいる時よりは、はるかに自由な時間を作っていただいていますので、家族は喜んでいます。ゴルフが趣味なので、宇和島でも皆さんとプレイしたいですね。

消化器内科医を目指していて、名古屋病院では上下部の内視鏡検査や治療も毎日担当させてもらっていましたので、こちらでも少しは貢献できると思います。今は何でもトライさせてくれる徳洲会を選んで良かったと思っています。宇和島でも積極的に何でもやりますのでよろしくお願いします。

前田洋平Dr  愛媛県松山市出身  広島大学医学部卒  名古屋徳洲会総合病院 内科専攻医

掲載日付:2020.07.16

熊本大学病院 初期研修医 出来田先生をご紹介します

7月1日から1か月間、宇和島徳洲会病院で地域医療研修をさせていただく熊本大学病院研修医2年目の出来田と申します。よろしくお願いします。

熊本県の水俣市出身で、実家は歯科医院を営んでいます。
歯科医師もそうですが、医師は人々の健康、ひいては人生を支える仕事ですので、責任も大きく誰にでも出来る簡単な仕事ではありません。しかし同時にやりがいのある仕事でもありますし、医師に対する漠然とした憧れもあって自然と医学部を目指すようになりました。

母校の宮崎大学医学部を卒業後、地元の熊本大学病院で初期臨床研修をしています。大学病院と市中病院を1年ずつ経験出来る研修プログラムで、初期研修医として多彩な経験ができると思い選択しました。

趣味は料理と読書です。高校・大学では硬式テニスをしていて、最近はゴルフも始めました。
宇和島市には縁もゆかりもありませんでしたが、これまでと違う環境に行くことで刺激になり、また勉強になることがあるのではないかと思っています。特に総合診療で有名な病院と聞いているので、短い期間ですが沢山のことを学んで帰りたいと思っています。

将来的には外科系に興味があります。顕微鏡下の手術に興味があり、後期研修は熊本大学の脳神経外科に進みたいと思っています。
まだまだ未熟ですが、医師としての自覚を持ち、感謝と謙虚な気持ちを忘れずに日々成長できればと思います。
皆さんご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

出来田祐治Dr  熊本県出身  宮崎大学医学部卒  熊本大学病院2年目初期研修医

掲載日付:2020.06.05

藤村Dr・菅谷Dr ようこそ宇和島へ!!

6月・7月の2ヶ月間当院で研修される藤村Drと菅谷Drをご紹介します。

藤村Drは福岡徳洲会病院、菅谷Drは札幌東徳洲会病院に所属しています。
新型コロナウイルスの感染者が多い地域からの来県になりますが、移動の2週間前から健康チェックを行い、PCR検査を受けるなど感染対策を十分に行ったうえで宇和島に来られました。

藤村先生、菅谷先生、2ヶ月間どうぞよろしくお願いいたします!!

藤村和弥先生  福岡徳洲会病院初期研修医  福岡大学医学部卒


5月25日から7月25日までの2か月間、宇和島徳洲会病院で研修させていただく藤村和弥です。よろしくお願いします。

奈良県の大和郡山市出身で、実家は町医者を営んでいます。福岡大学医学部を卒業後、プライマリーなものも診られるようにと、救急受け入れが多く、総合内科のある福岡徳洲会病院を研修先に選びました。将来は実家で働くことになると思うので、総合診療か、総合内科を学び、さらに専門に行くのであれば消化器内科か呼吸器内科に進みたいと考えています。

宇和島徳洲会病院は、市街地より離れたところにあって、目の前が港で、魚の水産加工工場が近くにあるなど、すごい所にあるなーと思ったのが第一印象です。でも故郷の大和郡山も、人が少なく、お城があって、中規模の病院がいくつかあるような所で、海こそありませんが、似たような地域だと思いました。

医師の数は少ないですが、急性期の患者が多くないため、福岡病院のようにバタついている感じはなく、ビギナーにとってはじっくり勉強させていただける環境がそろっていると思います。将来従事する地域に近い環境で学べることは貴重な経験になると思います。

幼稚園の頃から水泳をやっていましたが、働き出してからは出来なくなり、体が鈍ってきているので、走ったりして体力維持に努めています。最近はコロナの影響で家にいることが多く、好きな映画を見ている時間が多かったです。また、この機会に自炊を始めました!!凝った料理も作れるようになりたいです。宇和島のお魚は本当に美味しいので、これからの2ヶ月が本当に楽しみです。




菅谷泰樹先生  札幌東徳洲会病院初期研修医  札幌医科大学卒


6月1日から8月1日まで研修させていただくことになりました札幌東徳洲会病院2年目研修医の菅谷泰樹です。よろしくお願いいたします。

出身は埼玉県さいたま市です。北海道に興味があったので、札幌医科大学に進学しました。大学生活の中で思い出に残っていることは、高校時代から続けていた空手部に入部して、一生懸命頑張って、東医体で団体5連覇を成しえたことです。スノーボードも大好きで、北海道に行きたかった理由の一つでもあります。また、温泉が大好きで、現在新型コロナウイルスで休館中の道後温泉がもうすぐ再開されるそうなので行けるのを楽しみにしています。

いまだに札幌は、感染対策が厳しい状況で、全症例でガウンとフェイスマスク着用など大変でしたが、こちら宇和島は通常の診療体制になっていてほっとしています。
宇和島徳洲会病院は、みなさんがすごく優しく、指導いただく先生方も何時でも質問していいよと言って下さり、仕事しやすい環境だと感じています。頑張ってやっていけそうです。

3年目(来年)からは札幌医大の耳鼻科に入ります。選んだ理由は内科と外科の両方が出来て、自分で診断をして一人の患者を診断から治療まで完結してみたいと思ったからです。こちらでの目標は、内科管理をしっかり学び、今後に繋げていくことです。また、気管切開など手術にも参加させていただき、手技まで学べればと思います。

掲載日付:2020.06.02

仲地Dr 辻岡Dr 地域医療研修修了

仲地Drと辻岡Drの研修が修了しました。

4~5月の二ヶ月間、ほぼ緊急事態宣言の下での研修となりました。

研修医の先生方が所属している病院は、都会型の超急性期病院です。
超高齢化社会を迎えている宇和島の医療と所属病院での医療の違いに戸惑うこともあったようです。
ご高齢の患者さまの多さを目の当たりにして、超高齢化の波をひしひしと感じられたのではないでしょうか。
この2ヶ月間、宇和島の医療のために一生懸命に頑張ってくださいました。

研修元ではではなかなか経験できない慢性期の患者さんの管理や、病棟管理などを学ぶことができ、また、指導医との振り返りも毎日あり、とても充実した研修になりました。

地域医療研修のしめくくりとして、「思い出の症例」発表会を行いました。







無事研修修了式を迎えることができました。









仲地先生、辻岡先生 本当にお疲れさまでした!!
十分なおもてなしができなかったことが残念でなりません。

機会があればまた是非宇和島に来てくださいね。
お待ちしています。


menu close