-->

掲載日付:2022.01.07

徳っ子見守り隊会報 2021-8号 『 看護過程・認知症 』

ラダーⅠ研修が開催されました。
今回のテーマは『看護過程・認知症』です。
その研修風景を紹介します。

まず初めに看護過程についての講義を行いました。



事前課題の模擬患者の関連図・看護過程の展開をもとにグループワークを行いました。




グループワークでは、プリセプターの助言をもらいながら各自意見を出し合って、関連図・看護計画の立案を行い、発表までつなげることが出来ました。
自分には思いつかなかった問題点が見えたり、他の人の意見を聞くことができて有意義な研修となりました。




続いて『認知症看護』について学びました。

『認知症看護』の講師として、大野看護師長、もの忘れ外来担当の毛利看護師(認知症ケア上級専門士)に参加していただき、はじめに大野看護師長より認知症、ユマニチュードについての講義がありした。




次に、実演として認知症患者さんが検査に行くことを拒否するという設定をもとに、一人ずつ演習を行いました。
拒否する患者さんの対応に困難な姿もありました。




演習後、大野看護師長が視線の合わせ方、声の大きさ、触れ方などを一つ一つ説明しながら見本を示してくれたので、ユマニチュード技法を用いた対応がとても分かりやすく理解できたと思います。



寒さがだんだん厳しくなってきて朝起きるのがつらい季節になってきましたね。
新人のみなさん、体調をくずしたりしないよう充分気を付けて、みんなでこの冬を乗り越えましょう\(^o^)/

掲載日付:2021.12.15

退院後訪問から学んだこと <6南:回復期リハ病棟>

回復期リハビリテーション病棟では、怪我や病気で後遺症が残った場合でも、誰もがその人らしい安心した生活が送れることを最終目標に、個々に応じたリハビリや退院後の生活をイメージした調整を他職種チームで集中的に行います。
また、退院後は入院中のリハビリを活かしてどう過ごされているか、困っていることはないか等を確認する為に電話や自宅訪問を行っています。

今回、訪問させていただいた方から1例ご紹介します。

この方は突然の脳梗塞発症による半身麻痺で、発症当初は一人で歩くこともできない状態でしたが、生きがいでもある遊子の段々畑でまた農作業をしたいという願いをお持ちでした。

リハビリではまず麻痺のある手足を動かす練習から開始し、段階的に難しいリハビリに取り組みました。
結果、何とか一人で歩けるようになり、発症3ヶ月目には体力もついて病院の小さな畑でくわ打ちができるようになりました。
そこで、実際にどのような環境で農作業を行っているのか、ご自宅の畑を見に行きました。

初めて段々畑を見た私は、狭く急勾配でとても危険な環境だと感じました。
しかし本人の農作業への意思は強く、私自身不安を抱えながらも退院直前の発症4ヶ月目には畑の環境を想定した屋外の傾斜地や階段、重い荷物の運搬等の応用的な動作の訓練も取り入れました。



退院から約2ヶ月後に訪問すると、畑内でくわ入れの作業中でした。
畑作業は入院による体力の低下や転倒の危険性などもあるため、作業が十分に行えていないのではと考えていましたが、狭く不整地な畑内を慣れた様子で移動しながらくわ入れ等を行えており、安心すると共に驚きを隠せませんでした。
今年は例年と比較し種植えの規模を縮小したとのことでしたが、概ね植え終わっている状況でした。



今回の退院後訪問で、退院後の生活や動作を見据え実践的な訓練を行う重要性を改めて学びました。
今後も退院後訪問を続け、退院後の生活状況の確認やサポートを継続していきます。
最後にご本人様より「徳洲会でリハビリが出来て良かった。こうして畑が出来るようになったから」と、いきいきした表情で嬉しいお言葉をいただきました。


退院後訪問を快く了承してくださったご本人様及びご家族様に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。 (理学療法士 竹本幸太)

※今回、ご本人様及びご家族様より承諾を得て、ホームページに掲載させていただいています。



2021年も残すところ1ヶ月を切りました。
寒い日が続いておりますので、皆さま体調管理に気を付けて年末年始をお過ごしください。

患者さまといっしょに作りました


Merry Xmas !!


掲載日付:2021.12.10

徳っ子見守り隊会報 2021-7号 『心電図』『輸血』

第6回 ラダーⅠ研修が開催されました。

今回は、『心電図』『輸血』について研修を行いました。
その研修風景を紹介します。

講師は当院検査技師の曽根さんにお願いしました。

まず初めに心電図の正常、異常な波形や電極の位置についての講義を受けました。



講師の説明を聞きながら、電極を装着するところを見学しました。



一人ずつ講師に指導してもらいながら、電極の装着、波形の記録まで行いました。






実際に電極を装着することで、仕事の現場でも活用できそうとの意見が聞かれました。



次に、輸血の種類や副作用について講義していただきました。



輸血の指示を受けた時点から検査室での払い出し、医師との確認、患者ベッドサイドでの看護師間の確認、輸血投与実施までの一連の行為を経験しました。





実際に十二誘導や輸血を行う機会は少ないと思いますが、実践する際には今回の研修で学んだことを思い出し、業務に活かしていってください!!


掲載日付:2021.11.24

徳っ子見守り隊会報 2021-6号 『リフレッシュ研修』

今回は『リフレッシュ研修』として新人4名と教育委員3名で、当院の釣りクラブに参加させていただき、愛南町のカワウソ村に行ってきました。


男子チームと女子チームに分かれて船に乗り、男子チームが先に沖まで出発!!



青空が広がり、最高の釣り日和です。続いて女子チームも出発!!



魚釣りは初めての方もいましたが、釣りクラブの方に方法やコツ、餌の付け方まで教えていただきとても助かりました。

釣りを開始してすぐには釣れませんでしたが、その間、新人さん同士楽しそうに話しをしていました。



秋の日差しが海でキラキラしていて、綺麗な風景にとても癒されました。



午前中はなかなか釣れませんでした…。


昼食は豪華な海鮮盛り。
コロナ禍なので食事中の会話は少なかったですが、皆で美味しくいただきました。



午後からの釣りにも参戦するために、たっぷり腹ごしらえを行いました。



午前中にあまり魚が釣れなかったので、更に沖まで船を出していただきました。

移動中の楽しそうな会話をみていて、教育委員の私たちもリフレッシュ研修を開催して良かったなと思いました。



やっと!!やっと!!釣れました~!(^^)!



午後は続けて釣れ始め、新人さんのたくさんの笑顔を見ることができました(#^.^#)



今回、リフレッシュ研修という形で、新人さんに少しでも日々の業務の疲れを癒してもらおうと企画しました。

コロナ禍で新人さん同士の会食も制限され、この場を通して普段の業務とは違った関りが持てたのではないかなと思いました。



私たち教育委員も、新人さんが笑顔で会話を楽しんでいる姿をみて、開催して本当に良かったなと思いました。

また、釣りクラブの方にも協力していただいたことで、多職種との親睦も深めたのではないでしょうか。

新人同士で楽しむことのできた思い出を励みに、これからも頑張っていってほしいです(o^―^o)
  

掲載日付:2021.11.18

徳っ子見守り隊会報 2021-5号 『メンバーシップ』『多重課題』

第5回 新人研修が行われました。
今回は、『メンバーシップ』『多重課題』について研修を行いました(^・^)
その研修風景を紹介します♪♪

はじめに、教育委員より『メンバーシップ』『多重課題』について講義を受けました。
その後、事例を元にシミュレーションをしました。

『メンバーシップ』『多重課題』についての講義を受けています!



入職して半年たちました。患者さんを受け持つようになり、責任を持って自己の業務ができるよう日々努力しています。
4月の時と比べると研修中も緊張がほぐれ表情が和らいできているような気がします。

今回行った『メンバーシップ』では、新人自身の置かれている立場や役割について理解することができたと思います。
チームの一員として自分の持つ力を十分に発揮し、責任のある看護師になってほしいと思います(*^_^*)!



『多重課題』ではそれぞれに課題を出し、病棟でもよくあるリアルな事例をシミュレーションしてもらいました。

手術出し前の点滴ルートをとっています


認知症があり、CVカテーテルを自己抜去してしまった患者さんの対応をしています


肺気腫があり、体動後に呼吸苦を訴える患者さんの対応をしています


一事例終了後、プリセプターや新人、教育委員で意見交換しました


プリセプターもきちんと意見を言ったり、ほめるところはしっかりほめていました


研修の最後に、答えは人それぞれではありますが、教育委員が考えた理想的なシナリオを説明しました


多重業務に直面した際は、優先順位を考えて行動する。

優先順位を付けるポイントは5つ!
1)救命  2)安全管理  3)報告と応援要請  4)時間管理  5)他の患者への配慮 です。

今回の研修で、患者さんの訴えや転倒などが起こり戸惑うことも多いなか、丁寧な言葉づかいで対応・リーダー看護師への報告・応援要請が出来ました。
今後の業務でもさまざまな対応困難な場面に出くわすと思いますが、先輩看護師に相談しながら丁寧に対応していきましょう(^o^)!

今回はプリセプターも一緒に参加してくれました。
プリセプターという役割を担ってまだ1年生です。
新人さんにどう教えていいかとまどうなか日々奮闘しています。
2~3年前に自分が新人の時に受けた研修を思い出したのではないでしょうか。

研修で学んだことを今後の自部署での業務・教育へ活かしてほしいと思います。

研修の合間に新人同士記念撮影です!!


笑顔が素敵です(^o^)



まだまだ分からないことが多くしんどい日々が続いていると思いますが、一緒に頑張っていきましょう!!


menu close