-->

掲載日付:2019.10.08

徳っ子見守り隊会報 5 号

第5回新人研修が開催されました
                     
今回は『医療用麻薬・メンバーシップ』についての研修内容・研修風景を紹介します。



『医療用麻薬』についての講師は夏原薬局長にお願いしました。
麻薬の使用目的、副作用、取り扱いについてとても詳しく教えて頂きました


後半の『メンバーシップ』の研修はKJ法を用いたグループワークを行いました。




まず、「自分が目指したいメンバー像」をテーマにグループ内で意見交換を行いました。
様々な意見をまとめていくことで、今の自分にとって目指すメンバー像、
メンバーとして目指したい役割が理解できたのではないかと思いました。




グループワークではそれぞれ活発な意見交換が行われており、自分の意見を相手に伝える、
相手の意見を聞く、ということを実践し、とても有意義な研修となったと思います。




今回、皆で導きだした、「自分が目指したいメンバー像」を目標に
日々頑張っていってほしいと思います。

掲載日付:2019.09.10

リハビリ友の会 開催

リハビリ友の会

9月8日(日)14時から宇和島リハビリ友の会を開催しました。
毎月第2日曜日に開催しています。

今回は、10月27日(日)に予定している日帰り旅行について、
最終の打ち合わせを行いました。

その後「輪ゴム送り」や「風船バレー」等のゲームを行い、友
の会の皆さんと楽しいひと時を過ごしました。



掲載日付:2019.08.23

徳っ子見守り隊会報 4号

第4回新人研修が開催されました.

今回は『外傷性止血』『BLS・ACLS』についての研修内容を紹介します。
講師は、初期研修医 山下医師にお願いしました。



はじめに、『外傷性止血』『BLS・ACLS』の目的や方法を学びました。
皆、真剣な表情で講義を受けていました。



その後、シュミレ-タ-を用いて、実際に胸骨圧迫・バックバルブでの換気法・
気管内挿管の介助を実践しました。




気管内挿管の介助は、スムーズにはできませんでしたが、
教育委員からの声かけや山下医師からの助言に素直に耳を傾け行うことで、
徐々にスムーズに出来るようになりました。



シュミレ-タ-を用いての胸骨圧迫では確実な圧迫を行うことの難しさや、
連続して行う事の大変さも実感していました。



最後に、BLS・ACLSを用いた急変時対応の実演を行いました。



急変時の対応といった緊迫した雰囲気の中で緊張してなかなか動けない姿もありましたが
1回、2回と回数を重ねていくうちに、お互いで声をかけながらできるようになりました。



チームで患者さんの生命を助けるために何が必要なのか理解できたのではないかと思います。



実際の急変の現場では新人さんにとってはまだまだできることが少なく、
不安で緊張してどうしていいのか分からないかもしれません、
しかし、不安で緊張する気持ちは先輩も同じです!!

今後、急変時対応に遭遇した際には今回の研修で学んだことを思い出して
少しでも実践に活かせたらいいなと思います。



一歩一歩、技術を身につけて、一緒に頑張っていきましょうね!(^^)!

山下先生、お忙しい中ありがとうございました!!とても勉強になりました。

掲載日付:2019.07.29

2019年度 職場体験

2019年7/1~7/5日の5日間の予定で4名の学生が職場体験の予定でしたが、
1日目が豪雨の為中止となり、実際は4日間となりました。

体験の感想
放射線技師になる夢がまた強くなった。
大変でやりがいのある仕事だと思った。
看護師になりたい気持ちが強くなった。
夢は決まっていないが、4日間の経験をもとに決めていきたい。
いろいろな人がかかわっていて大変な仕事だと思った。

リハビリ室で重りをつけて歩行体験


通所リハビリで機械の体験



みなさんそれぞれの夢に向かって頑張っていってほしいと思います。

掲載日付:2019.07.27

徳っ子見守り隊会報 3号

第3回新人研修が開催されました。          
                  
梅雨も明け、夏本番!! 新人さんたちは、うわじま牛鬼まつりにも参加し、
疲れは出ていないですか?(^_^;)

今回は『多重業務シミュレーション』の研修内容を紹介します。



グループに分かれ、転倒発生時、認知症患者さまへの対応、
緊急を要する訴えなどといった日頃よくある事例、
患者背景をもとに模擬患者として設定し、演習を行いました。




中には、患者さまからの訴えにあたふたする姿も見られましたが、
全員が丁寧な言葉使いで患者さまへの対応ができていました。




一生懸命考え行動する姿を見て、病棟へ配属されてわずか3ヶ月ですが、
一歩一歩成長しており、教育委員としても嬉しく感じました(*^_^*)



優先順位を考慮した対応、スタッフ間での協力要請、応援NSへの情報提供、
接遇に対して等、難しかったとは思いますが演習することで理解に繋がった
のではないかと思います。



また、患者役も体験し、「患者さんの気持ちを理解できた」
「目線を合わせてもらい安心できた」といった意見もあり、
今後の患者さまに対する対応に変化が現れるのではないかと感じました。




シミュレーション演習後の意見交換では、良かったこと、も
う少し工夫が必要だったことなど、新人同士でも振り返り、
指摘し合うことができ、有意義な時間を過ごすことができました。



今回学んだ事を病棟でも活かしていってくださいね(^O^)


menu close