-->

掲載日付:2021.12.03

研修医もリフレッシュ!!

10月から当院で研修を行っている研修医の先生方に日ごろの疲れを癒してリフレッシュしていただこうと釣りにお誘いしました!!

今回も場所は「愛南カワウソ村」。
波、風の影響の少ない湾内の筏に船をつけてのカセ釣りです。

船が出発すると研修たちは海と山の光景に見入り、非日常の時間をを味わっていました。

朝8時過ぎてのスタート!!
釣りに良い時間帯とされる朝マズメは過ぎていますが今日は大潮、8時半が満潮なので期待は高まります。

水深は意外と深い45m。仕掛けは初心者向けの落としサビキでアジ狙いです。

「底に落としてチョンチョンしてみてください!」
…すると意外とさっくり竿が?…曲がり始めて、あっさり一匹目Get!


一番最初にサビキを落とした町田先生がそのまま良型のアジを釣りあげました!!
町田先生、もしかしてプロ?ですか??


その後も、アジ、アジ、アジ~‼ と良型のあじが次から次へと爆釣り状態.





釣りはほぼ初めての、奥田先生、安水先生もアジを釣りあげ大満足。


次は鯛を釣る!!との宣言通り町田先生が鯛を釣りました!!


テンションMaxで、あっという間の4時間でした。


大物狙いのタイラバサビキ仕掛けでは、こんなに大きなイトヨリも釣れました。
さすが、釣りクラブキャプテン!!



ビギナーでも良く釣れる!!
今回も期待を裏切らない釣果です。
午前中だけで2台の大型のクーラーボックスにいっぱいになりました。




先生方から「宇和島で一番の思い出になりました」と言っていただき本当に良かったです。
釣りはもちろん、海や山の風景を眺めるだけでも癒されたとのことです。



病院に戻って、今回も食べきれない分を晩のおかずにしてもらえばとおすそわけです。






笑顔をいっぱいいただきとても嬉しくなりました。
釣りクラブは職員の晩ごはんの強い味方でもあるのです\(^o^)/




掲載日付:2020.12.28

釣り納めで大漁、大物Get!

大漁の日もあれば、思うように釣れない日もあります。
でも行った以上は、やはり釣果をあげたい‼

そんなわけで前回10月にアジとサバが沢山釣れた「あいなん かわうそ村 海の駅」に行ってきました。
前回よりちょっと遅めの8時からの開始です。メンバーは前回と半分くらい入れ替わって全て職種の違う7人。
フィッシング開始です。



早速アジがサビキ仕掛けでゲット。シャクリの試行錯誤で徐々にみんなにも釣果が…。
しかも、前回より一回り大きなサイズです。



「ええぇぇ・・・! さすが釣りの聖地、愛南町 こんな大きいアジが釣れるんですか?」と学生時代から釣りにはまっている研修医の井上先生、驚きの声。

それでもルアー釣りにこだわる大物狙い⁉

ようやくあたりが!これは大きいぞ!!
なんとマゴチをゲットです。やりました~!!




と、隣の船でも大物だっ!!
みんなが色めいていると… 
あがってきたのは、もしかして「エイ」??


残念でした。こんなこともありますよね(笑)。

いろんな驚きや喜びがあった午前中の釣果です。アジの他にもこんなに釣れました。




潮の流れが止まり、いったん休憩後の午後の釣果です。



40㎝近いアジが沢山釣れ、クーラー一杯になりました!



今回も部員で食べきれない大漁の日でした。
前回同様病院に戻り、帰り支度の職員に持って帰っていただきました。
皆さん大喜び。大満足の一日でした。

ようやく釣れるクラブになってきました。
あまり活動のできない一年でしたが、終わり良ければ総て良し!!
来年の釣りクラブも乞うご期待くだいさい⁉

掲載日付:2020.11.24

今年度初めての活動 何が釣れるかな??

今年度初めての「釣りクラブ」活動です!!

新型コロナウイルス感染拡大の影響で自粛していたため、今年初めて活動報告です。
今回は愛南町御荘にある自然豊かな遊び場「あいなん かわうそ村 海の駅」に行ってきました。

参加人数は11名(ほぼ初心者かな??)。片道35キロ約50分の道のりを朝6時に出発!!
メンバーに若干の不安はあるものの待ちに待った久しぶりの活動です。
全員、気合十分。ここちよい秋の一日、釣果をあげて満喫しよう!!

目的地「あいなん かわうそ村 海の家」



小舟でイカダまで連れていって頂き、レッツフィッシング‼



最初のアタリは釣り初体験の研修医井上先生の奥さま。良型のアジです!



その後もサビキ釣りの仕掛けで40㎝の鯛も釣り上げました。
ビギナーズラック??恐れ入れました_(._.)_。


Let's enjoy fishing !!
ぽつぽつ当たりが出てきてます!! みんなにも釣果が見えてきました。




中盤から当たり良くダブル、トリプルと凄いですね。



お昼は、「海蛍」で食事を頂きました。

魚介の新鮮なお刺身や豪快な鉄板焼き、優しいお味の炊き込みご飯を堪能してエネルギーチャージ完了!!
元気をいただきました。ありがとうございます。





後半はアジからサバの群れに変わり、サバ特有のヒット後の軌道が大きくなり、おまつりも多くなりましたが、最期まで良く釣れて、楽しいい一日になりました。



どんな珍道中になるのか?という不安をよそに、釣りクラブ結成以来最高の釣果をあげました。
5個のクーラーボックスにいっぱいです。




部員だけでは食べきれない量の釣果をさてさてどうしましょう??

病院に持ち帰り、ちょうど帰り支度の職員におすそ分けしました。
皆さん喜んで受け取ってくれました。

久しぶりに自然に触れて、釣りを楽しみ、たくさん笑ってリフレッシュできました。
さあ、明日からもお仕事頑張ろう!!



掲載日付:2019.12.05

釣りクラブ  アジング

11月のクラブ活動は夜釣りでアジングに行ってきました。

『アジング』とは、一言でいうとルアーでアジを釣ること。
生餌を準備する必要がなく手軽にできる人気の釣りです。
宇和海は、アジングファンの間で聖地と呼ばれているそうですよ!!

朝からの雨模様で、やるかやらないか直前まで悩んだ末に、17:00に決行を決断!
今回の参加メンバーは6人ですが、保坂院長の参加で釣れる予感⁉ 
雨は止むと信じて出発です。

雨が止んでも風で海が荒れているので厳しい釣りになるとの話にも、
大丈夫、大丈夫と心に言い聞かせます。

19:00、病院から約30分の今日の予定地、
宇和海に突き出した三浦半島(宇和島市)の下波に到着です。

先に出発して釣りをスタートしていたメンバーと合流。

おっ、なんだかいい雰囲気。

小さめですが、院長を中心にゼンゴがヒット!ヒット!いい感じです。




これで満足がいかないのが今日のメンバー。
雨も上がり更なる大物をと、エギング、太刀魚にも挑戦するも、
残念ながらアタリはありませんでした。


今回の釣果は、ゼンゴが約30匹とカマスが1匹でした。
(宇和島では小アジをゼンゴと呼びます)


大物のヒットはありませんでしたが、沢山釣れて、次回に期待できる内容でした。


年が明けたら、いよいよ船釣りにも挑戦したいと思います。
今後の釣果に期待してください!!



今、宇和島ではアジが釣れていて、部員も頑張って釣果を上げています。
その釣果の一部をご紹介します!!

遊子水荷浦の段々畑前でのアジングにて25㎝前後のアジです。



九島蛤漁港にてアジング                    

                          

下波にてコウイカ


掲載日付:2019.10.31

釣りクラブ モイカ狙いの夜釣りに挑戦!

モイカ釣りのシーズンに入りました。
アオリイカのことを宇和島ではモイカと呼びます。

モイカ釣りは難しいと聞いていますが、初心者を含め15名が果敢にチャレンジしました。

吉田での釣りを予定していましたが、九島で釣れたとの情報をGet!!
それならばと、九島へ、いざ出発!!

九島の蛤漁港は7月の釣り大会でも一度来た場所です。
雨上がりでかなり暗い釣り場でしたが、上級者の指導の下、みんなで仕掛けをつくります。




準備が整ったところで、それぞれの場所に分かれて エギング スタート!!



イカは簡単に釣れないことは分かっているけど。。。
ムムム。あたりがまったくありません。

よし。
釣り場を変えようと、一路、大浜漁港へ!

大浜漁港には、私たち以外にも数人の釣り人が竿を振っていました。

ふと頭上をあおぐと、雨上がりの夜空に満天の星。
とても、とてもきれいで心が洗われました。
宇和島ではこんなにたくさんの星が見えるということを忘れていました。
写真でお見せできないのが残念です。


さあ、仕切り直しでイカ釣り再会!!




やっと釣れました~!! モイカです。



釣り糸が絡まったり、地球を釣ったりゴミを釣ったり、
果ては、釣り糸がリールからすべてなくなるという珍事続出(笑)

釣れないながらも、クラブのみんなとの釣りや交流を楽しみました。
釣れても釣れなくても笑顔満開、いい仲間です。





イカ釣りはむずかしいとの前評判通り、今回も釣果は残念な結果に終わりました。
自然が相手なので、こんな日もあります。
だから、来月もやります。
レッツ エンジョイ フィッシング !!


menu close