-->

掲載日付:2021.12.18

研修医のご紹介

福岡徳洲会病院から参りました前村と申します。
生まれは種子島(鹿児島県)で、高知大学医学部卒です。

再受験をして医師を目指し、研修病院はERをしっかり学びたいと思って福岡徳洲会病院を選びました。
今後は放射線科に進み放射線治療に携わりたいと思っています。

趣味はスポーツで、学生時代は野球やラグビーをしておりました。
今はジョギングとか筋トレなどで体を動かしています。

目標としている言葉は「敬天愛人」です。
西郷隆盛のように貫くことは容易なことではありませんが、医師として志を高く持ち続けることが出来ればと思います。

こちらの病院は内科的なことを広く、じっくり学べる環境がそろっていると思います。
コメディカルの方々も本当に優しく、機動力もあって、楽しく仕事をさせていただいています。
2か月間どうぞよろしくお願いいたします。

前村健先生  福岡徳洲会病院  初期研修医





宮崎出身、宇治徳洲会病院2年目研修医の鈴木と申します。
12月1日から2か月間研修させて頂くことになりました。一緒に研修させていただいている前村先生とは高知大学の同期です。

大学の頃は小児科に進みたいと考えていましたが、外科にも興味がわき、それなら小児外科医になりたいと思うようになりました。
症例が少ない分野の上に様々な領域の技術が必要なので、簡単ではありませんがそれも魅力の一つです。
今後は消化器外科で経験を積み、大阪の小児外科のある病院で働くことを決めています。

心がけているのは、あきらめないことです。
これまでも目標を掲げたら絶対クリアするようにしてきました。

趣味は筋トレとかよくやっています。大学の頃から始めました。

こちら宇和島の印象は、僻地研修で来ているのでもっと田舎だと思っていましたが以外と都会でした。
当直も多くなく、相談しやすい環境をいただいているのでストレスなく働いて行けそうです。
病棟管理や一般外来を学びつつ、患者さんを看取るということはどういうことなのかを、しっかり学んで帰りたいと思います。

鈴木謙先生  宇治徳洲会病院  初期研修医

掲載日付:2021.12.03

研修医もリフレッシュ!!

10月から当院で研修を行っている研修医の先生方に日ごろの疲れを癒してリフレッシュしていただこうと釣りにお誘いしました!!

今回も場所は「愛南カワウソ村」。
波、風の影響の少ない湾内の筏に船をつけてのカセ釣りです。

船が出発すると研修たちは海と山の光景に見入り、非日常の時間をを味わっていました。

朝8時過ぎてのスタート!!
釣りに良い時間帯とされる朝マズメは過ぎていますが今日は大潮、8時半が満潮なので期待は高まります。

水深は意外と深い45m。仕掛けは初心者向けの落としサビキでアジ狙いです。

「底に落としてチョンチョンしてみてください!」
…すると意外とさっくり竿が?…曲がり始めて、あっさり一匹目Get!


一番最初にサビキを落とした町田先生がそのまま良型のアジを釣りあげました!!
町田先生、もしかしてプロ?ですか??


その後も、アジ、アジ、アジ~‼ と良型のあじが次から次へと爆釣り状態.





釣りはほぼ初めての、奥田先生、安水先生もアジを釣りあげ大満足。


次は鯛を釣る!!との宣言通り町田先生が鯛を釣りました!!


テンションMaxで、あっという間の4時間でした。


大物狙いのタイラバサビキ仕掛けでは、こんなに大きなイトヨリも釣れました。
さすが、釣りクラブキャプテン!!



ビギナーでも良く釣れる!!
今回も期待を裏切らない釣果です。
午前中だけで2台の大型のクーラーボックスにいっぱいになりました。




先生方から「宇和島で一番の思い出になりました」と言っていただき本当に良かったです。
釣りはもちろん、海や山の風景を眺めるだけでも癒されたとのことです。



病院に戻って、今回も食べきれない分を晩のおかずにしてもらえばとおすそわけです。






笑顔をいっぱいいただきとても嬉しくなりました。
釣りクラブは職員の晩ごはんの強い味方でもあるのです\(^o^)/




  • 1

menu close