-->

掲載日付:2019.07.06

研修医 渕崎蓉史先生 お帰りなさい!!

福岡徳洲会病院の3年目、後期研修医の渕崎蓉史です。
昨年の6月~7月、宇和島で初期研修をさせていただき、
今回は1年ぶりに後期研修で戻ってきました。
7月~9月の3ヶ月間お世話になります。どうぞよろしくお願いします。
現在福岡徳洲会病院の内科プログラムに入り、総合内科専門医の取得を目指しています。
将来的にはホスピス・緩和ケアをやってみたいと考えています。
旅行が趣味なので、前回の研修時に四国をいろいろと周りましたが、
今回もまだ見てないところをたくさん探して、旅をしてみたいと思っています。
また、夏の宇和島はイベントが沢山あるので出来るだけ参加して、
楽しみながら地域の皆さんとの交流も深めたいです。
こちらの病院は、救急対応時など、スタッフみんなが一斉に診療にかかわってくれるので、
スムーズに流れてやりやすかったことを覚えています。
昨年の研修中に宇和島で豪雨による災害が発生し、被災地にも行かせていただき、
とても良い経験になりました。
前回はまだ経験が浅く、知識不足も感じていましたが、
今回の研修では1年間勉強してきたことの成果を出せればと思っています。
最後に、昨年は豪雨災害でうわじま牛鬼祭りが中止になったため、
踊りを覚えたのに参加出来なかったガイヤカーニバルにも再挑戦したいと思います。
ご指導よろしくお願いいたします。

渕崎蓉史Dr 福岡県出身 旭川医科大学医学部卒








掲載日付:2019.07.04

思い出の症例発表会  

福岡徳洲会病院から研修に来られている深川Drと熊本大学病院から研修に来られている莟Drがいよいよ研修修了となります。

宇和島で、どんな思い出ができたのでしょうか。

今日は、研修期間中に経験した様々なことの中から、一番思い出に残っている症例を
発表していただきました。

莟Drは「誤嚥性肺炎治療から看取りへ」というテーマで、入院から看取りまでの経過を
振り返り、スムーズに出来たこと、学んだこと、今後の課題等を発表しました。
     




深川Drは「NPPV離脱困難であった非結核性抗酸菌症の1症例」を反省点を交えながら紹介し、
最後に宇和島での楽しい思い出を披露して、発表を締めくくりました。







参加した看護師も時にはうなずきながら耳を傾け、研修の成果を実感しました。
そして、指導医の先生方からは感想やあたたかいお言葉をいただきました。



深川先生、莟先生、研修お疲れ様でした!!


研修の最終日に修了式を行いました。


深川先生、莟先生、これからもそれぞれの場所で頑張ってください。
そしてまた是非、宇和島に帰ってきてください!!


※今後、研修医の「思いでの症例」をホームページ上でご覧いただけるようにする予定です。

  • 1

menu close