宇和島徳洲会病院

0895-22-2811

〒798-0003 愛媛県宇和島市住吉町2-6-24

  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大

診療科・部門のご紹介

リハビリテーション科

責任者のご挨拶

安心、安全な質の高い医療の提供をめざして

リハビリテーション科は理学療法(PT)、作業療法(OT)、言語聴覚療法(ST)の3部門で構成されます。 私たちは、急性期から回復期、生活期に至るまで、一貫したリハビリを提供し、患者様をサポート致します。

患者様の病状は、脳血管疾患、呼吸器疾患、整形外科疾患など様々です。医師・看護師・医療相談員など多職種と連携して、患者様の生活スタイルに合った家庭復帰・社会復帰をめざします。
あなたらしい生活・社会を取り戻すために一緒にチャレンジしましょう。

業務内容

もう一度身体の動きを取り戻すために、弱くなった筋肉を鍛えなおしたり、硬くなった関節をほぐしたり、できなくなってしまった動作の練習をします。リハビリテーションによって回復してきた動作は、日常生活に取り入れていきます。

理学療法部門

日常生活の中での基本的な動作(寝返り、起き上がり、座位、歩行等)の改善を図り、生活の質の向上を目的に介入します。また、リスク管理をしながら、急性期からの脳血管疾患や呼吸器・循環器疾患等への理学療法も提供しています。

作業療法部門

日常生活における全ての活動(食事・更衣・排泄等)や家事・仕事・趣味・対人交流など人が営む生活行為に着目し、主体的に且つ健康的に生活できることを目的に介入します。また、福祉用具や自助具の選定、住宅改修や介護保険サービスの導入などについても相談・支援を行います。

言語聴覚部門

言語聴覚士は、ことばや飲み込みなどでお困りの方に、リハビリや指導を行う専門職です。
当院では、お子さんからご高齢の方まで幅広く対応しています。
成人では、脳梗塞などによりことばが出にくい・呂律が回りにくい・飲み込みにくい症状に対して、入院と外来で評価や訓練を行っています。
お子さんでは、言語発達遅滞や自閉症などによることばの遅れや発音の悪さなどの症状に対して、外来で1回40分から1時間の個別療育を行っています。

通所リハビリ部門

理学療法士と作業療法士を1名ずつ配置し、利用者様の生活機能向上を目的に、機能訓練や日常生活動作の訓練を行います。利用時間等は、個別に設定可能です。

訪問リハビリ部門

在宅生活において、日常生活の支援や社会参加の促進を目的に提供します。利用者様のご自宅を訪問し、機能訓練や日常生活動作の訓練を行います。また、ご自宅の環境調整などの相談・支援も行います。

リハビリ対象疾患

脳血管疾患により、身体に麻痺などの後遺症が残った方や、骨折や靭帯損傷などの運動器疾患、肺炎などの呼吸器疾患、治療のための安静で体力が低下した方などです。また、神経筋難病などの方に対してもリハビリテーションを提供しています。
平成28年度の診療報酬改定にて、リハビリ実施可能な期間や疾患に制限が設けられました。

疾患別分類対象疾患
脳血管疾患等リハビリ脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、脊髄損傷、多発性神経炎、末梢神経損傷、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、など
運動器リハビリ骨折(体幹・上下肢)、四肢の切断・切離、上下肢の骨・筋・腱・神経・血管といった複合損傷、関節の変性疾患、関節の炎症性疾患、熱傷瘢痕による関節拘縮、など
呼吸器リハビリ肺炎・無気肺その他の急性発症した呼吸器疾患、肺腫瘍、胸部外傷その他の呼吸器疾患またはその手術後、慢性閉塞性肺疾患などで一定以上の重症の呼吸困難や日常生活能力の低下をきたしているもの
廃用症候群術後や肺炎などにより一定以上の日常生活能力の低下をきたしているもの

運動療法機器・物理療法機器・コミュニケーション機器の紹介

治療台・平行棒・歩行器(各種)・重錘バンド(500g~5Kg)・セラバンド・肋木・エルゴメーター(普通型・リカンベント型)・ティルトテーブル・HONDAアシスト(歩行補助機器)などを設置しています。

物理療法機器はホットパック・干渉波・極超短波・牽引・IVESなどを設置しています。

コミュニケーション機器は、意思伝達装置を導入し、操作スイッチの工夫なども行っています。

リハビリを希望される方へ

当院に通院されていない方

当院の各科外来を受診し、ご相談ください。医師の指示のもと、リハビリテーションが開始されます。(平成28年の診療報酬改定により、リハビリを受けられる疾患や期間が制限されました。 詳細はリハビリテーション科までお問い合わせください。)

外来通院中の方

各科外来医師にご相談ください。医師の指示のもと、リハビリテーションが開始されます。内容や時間については、ご希望がありましたらリハビリ科へご相談ください。外来リハビリは通常午前中に予約制での実施となります。

入院中の方

各科医師から必要に応じ、リハビリの指示が出されます。医師の指示のもと訓練内容も選定していきますが、退院に向けてのご不安など遠慮なくご相談ください。

スタッフ構成

  • 理学療法士:20名
  • 作業療法士:13名
  • 言語聴覚士:2名
  • 助手:1名

よくある質問

リハビリはいつから始めたらいいの?
近年は発症後早期に、例えば入院翌日や手術翌日にリハビリできる疾患が増えました。早期に開始することで、2次的合併症を最小限に抑えることができ、早期回復が望めます。

理学療法と作業療法と言語聴覚療法、どこにかかればいいの?
症状によって医師が必要に応じて指示を出しますのでご安心ください。大きな分類では起き上がり、立ち上がり、歩行といった基本動作を理学療法が受け持ち、より具体的な生活動作などを作業療法が受け持ちます。話す事や食べる事に問題がある場合は言語聴覚療法が受け持ちます。

リハビリは痛いの?
現代のリハビリは痛みを与えないで実施することが基本とされています。当院でもこの基本に沿ってできるだけ痛みの少ない方法で実施しますが、時に越えなくてはいけない痛みもあります。危険な痛みや我慢しなくてもよい痛みもありますので、随時ご説明いたします。

マッサージはしてもらえますか?
マッサージを治療の一部として使用することもありますが、一般的にいわれるマッサージのように肩こりや腰の張りにするようなマッサージのみの実施はできません。運動療法その他との組み合わせにより、動作能力の改善に有効な場合に用いられることがあります。

事前に準備するものは?
動きやすい服装と、靴をご用意ください。スリッパや草履での歩行は転倒の危険が高くなりますのでご遠慮ください。ただしケガやむくみで靴が履けない場合は靴以外でもリハビリ可能です。受傷・発症前に使用していた、杖・歩行器・押し車等有りましたらお持ちになってください。訓練時に使用します。

リハビリの開始時期は?
午前中は8時50分に午後は13時00分にリハビリ室が開きます。午前中は入院患者様・外来患者様、午後は入院患者様が対象となります。

リハビリ外来予約の変更はできるの?
リハビリにお電話ください。代わりの時間を取らせていただきます。予約空き時間を探します都合上、早めのご連絡をお願いします。

閉じる