宇和島徳洲会病院

0895-22-2811

〒798-0003 愛媛県宇和島市住吉町2-6-24

  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大

採用情報

採用情報 - 薬剤師

薬剤師募集概要(常勤・パートも可)

当院では、薬剤師を募集しております。

  • 明るく元気な薬剤師さん
  • 病院の勤務経験がない方でも大歓迎
  • 徳洲会グループ内の薬剤師研修制度も充実

薬局への見学はいつでもお受けできますので、まずはお気軽にご連絡ください。

募集要項

募集職種
  • 薬剤師
  • 薬剤師(CRC:治験コーディネーター)
  • ※パートも可 時給2,200円~2,400円
応募資格 2020年3月に資格取得見込の方
上記の資格を既に取得している方
応募手続 履歴書(写真貼付)、卒業見込証明書、成績証明書、健康診断書を郵送または持参してください。
※有資格者の方:履歴書(写真貼付)、免許証写し、健康診断書を随時受け付けております。
選考方法 面接・小論文・適性検査
(小論文・適性検査は新卒の方のみ)
選考場所 宇和島徳洲会病院
※希望により現地面接も致します。
採否通知 後日、本人に連絡致します。
書類提出先 〒798-0003 愛媛県宇和島市住吉町2-6-24 総務課 採用担当宛
TEL:0895-22-2811(代)FAX:0895-22-2777

待遇

勤務時間 8:30~17:00 / 8:30~18:00 / 9:00~19:30
給与(新卒初任給)
薬剤師(大学卒)
  • 基本給:211,400
  • 技師手当:15,000
  • 職務手当:10,000
  • 総額平均:240,628
※既卒者は経歴を加算いたします。
賞与 年2回(7月、12月)
昇給 年1回
休日 月8回以上(年間休日110日)
休暇 年次有給休暇(初年度:10日、最高で20日など)特別有給休暇(1~7日、慶弔等)
加入保険 健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険、グループ共済
退職金制度 3年以上継続勤務した方に支給します。
宿舎 相談に応じます。
医療費還付 徳洲会グループ病院で受診された場合、保険診療の一部を給与にて還付する制度です。1ヶ月の診療費3,000円(自費を除く)の負担のみで受診できます。
また、徳洲会グループ病院にて入院された場合、室料免除。徳洲会グループ以外の病院で受診された場合も、1ヶ月25,000円を超えた分については給与にて還付いたします。(徳洲会健康保険組合被保険者対象)ご本人だけでなく、ご家族の診察料も一部還付いたします。
その他 ユニホームは貸与、シューズは支給します。
この求人に応募する

教育・研修

マンツーマンで行う1年間のきめ細かな指導と着実に成長できる教育体制。

薬剤部では、薬剤師としての基礎と業務を着実に身につけていくことができるカリキュラムを整えています。処方箋の流れ、調剤の基本、鑑査方法、さらには窓口業務や電話対応、電子カルテの使い方など、業務内容を網羅したチェックリストにより指導内容を共有化。新人薬剤師が確実に仕事ができるようにサポートしています。

新人集合研修

病院全体で行う新人向けのオリエンテーションです。 病院全体のシステム説明や院内見学をはじめ、社会人としての心構え、医療人としての倫理観についてレクチャーを受けます。

マンツーマン実務研修

新人がきめ細かな指導が受けられるように、3〜5年目の先輩が師匠となって1年間のマンツーマン指導を行います。実務はもちろん、何でも気軽に相談できる心強い味方です。

徳洲会グループ薬剤師研修

1年目、3年目に徳洲会グループ内の同世代の薬剤師を対象に集合研修を行います。5年目には、徳洲会グループ内の施設間で交換研修を行います。

学会発表

すべての薬剤師を対象に学会等でのポスター・口頭発表、論文発表をサポートしております。学会への参加は自己の知見を深める機会であり、情報交換の場として大いに刺激になっています。

学会発表

主催 大会名 開催 発表形式
日本緩和医療薬学会 日本緩和医療薬学会年会 2018年5月 ポスター
日本腎臓病薬物療法学会 日本腎臓病薬物療法学会 2014年10月 ポスター
日本腎臓病薬物療法学会 日本腎臓病薬物療法学会学術集会 2013年10月 ポスター
日本腎臓病薬物療法学会 日本腎臓病薬物療法学会学術集会 2012年9月 ポスター

新人薬剤師の1日

新人薬剤師の1日を見てみよう!

8:00
出勤
夜間に使用した薬剤や当日の午前中使用予定の薬剤の確認や払い出しの準備。
8:45
薬局朝礼
連絡事項、当日のスケジュール確認。
9:00
外来調剤、入院臨時調剤、病棟服薬指導(担当制)
処方監査、調剤、調剤監査、窓口対応などさまざまな業務を行い、忙しい時間です。
12:00
昼食
7階の職員食堂を利用します。
13:30
入院調剤
翌日以降の処方について調剤・監査して病棟に払い出します。新規入院の持参薬の鑑別なども適宜行います。
14:30
注射調剤
翌日分の注射薬剤について調剤・監査、無菌調剤などを行い、病棟ごとに払い出します。
15:30
勉強会への参加など
新規採用薬やそのほかの薬剤について、メーカー勉強会が随時、開かれます。
16:00
薬局終礼
連絡事項の確認。
17:00
夕診(担当制)
17:00〜19:00までの夕診を受診した患者様の処方について、調剤や監査を行います。

先輩の声

入社2年目(新人薬剤師)

1人で抱え込まず先輩がフォロー! 新人を全力でバックアップできる体制があります!

入職して良かった点、感動したこと
他職種の同期入職者とも親しくなれていろいろな部署の話も聞くことができ、薬局だけでは得られない情報や知 識が得られます。また、先輩薬剤師の皆さんにも気軽に質問できる環境なので、自分だけで解決するのが難しい問題に直面しても、一人で抱え込まずに相談することができてとても心強いです。早くからいろいろな業務を経験させてもらえて、大変なこともありますがとても勉強になります。
わたしの目標
  1. 幅広い知識を身に付ける
  2. 他職種ともっと連携を取れるようになる
  3. プログラミングの技能を活かし薬品関係のデータベースを作成する
就活中の皆様へ
病院薬剤師の業務は、内服調剤だけでなく注射調剤、無菌調剤、化学療法、病棟服薬指導、チーム医療活動などとたくさんあって毎日大変ですが、とてもやりがいのある仕事です。他職種との関わりも多く、そこから学ぶこともたくさんあります。病院薬剤師に興味のある方は、ぜひ一度見学に来てください!お待ちしています!!

感染制御認定薬剤師

薬剤師の視点から抗菌薬や消毒薬の適正使用に関して力を振るいたい!

なぜ資格を取得しましたか?
もともと学生時代から、微生物に関して興味がありました。抗菌薬のTDMは、薬剤師が力を発揮すべき分野の一つであり、新人の頃から担当させていただいていました。感染管理に係る業務に従事することが多くなるにつれ、感染管理により精通しなければいけないと考えるようになり、資格の取得に動きました。

各医療スタッフの声

医師の声

より質の高い診療を患者様に提供するために薬剤師さんは必要な存在です。

日常診療においては患者様の高齢化が進むとともに治療方法が多岐にわたります。その中で、薬剤師さんは薬学的観点から薬物治療の問題点について考察し、適切な薬学的介入を数多く実践しています。より質の高い診療を患者に提供するためには、薬学的専門知識および経験を有する薬剤師さんが、医師や医療スタッフと密に連携することがとても大切です。安全で効果的な治療をサポートしてくれる薬剤師さんは我々の貴重なパートナーです。

看護師の声

薬剤師さんと看護師の連携はより質の高い医療を患者様に提供する第一歩です。

病棟では、患者様への服薬指導や病棟内の医薬品管理、看護師への情報提供など様々な業務を行っています。特に高齢の患者様には時間をかけて分かりやすく説明し、患者様の生活面や心理面のサポートも看護師と連携しながら行っています。看護師と薬剤師さんとのコミュニケーションはとても充実しており、私たち看護師が十分な看護ケアが行えるのも薬剤師さんとの連携があるからこそ。患者様だけでなく、医師、看護師、コメディカルからの信頼も厚く、とても頼もしい存在です。

採用実績(卒業校一覧)

  • 福山大学、近畿大学、北陸大学、徳島文理大学、長崎大学、松山大学、岐阜薬科大学

薬剤師を目指す学生の皆さんへ(奨学金について)

大学薬学部を卒業後、当院での勤務を希望する学生へ奨学金を貸付します。募集は、年度当初だけでなく、通年で新規の奨学生を募集しています。

募集要項

対象 大学薬学部に入学予定または在学中で、卒業後に宇和島徳洲会病院に入職を希望される方。
貸付限度額 月額5万円(総額360万円)
返済免除 貸付期間と同期間、宇和島徳洲会病院に勤務したとき全額を免除します。

奨学金の申請方法等は、下記へお問い合わせください。

奨学金のお問合せ・申請窓口

宇和島徳洲会病院 総務課 奨学金担当(松本)
TEL:0895-22-2977 / MAIL:matumoto.masahiro@uwatoku.org
閉じる