宇和島徳洲会病院

0895-22-2811

〒798-0003 愛媛県宇和島市住吉町2-6-24

  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大

病院情報

ご挨拶

総長 ご挨拶Greeting from the President

宇和島徳洲会病院 総長 貞島 博通

宇和島徳洲会病院 総長

貞島 博通

当院は2019年4月で15周年を迎えます。

開院以来、「地域に根差した病院」を目標に、スタッフ皆で一丸となって一生懸命努力してきた結果、地域の皆様のご支援をいただきながら、この地になくてはならない病院へと成長することができました。

修復腎移植も先進医療として認められ、医療保険で治療できるあと一歩のところまで来ています。

2019年4月より4代目の院長が赴任されました。今まで各院長が築いてこられた地域医療に加え、新しく外科疾患にも対応できる病院づくりができると期待しております。

今後は、業務改善と質を重視し『ブランド化』を目指して頑張ります。また、地域の病院、クリニック、施設、在宅介護サービス、市役所、保健所との「連携」を強化し、宇和島地域全体で、住みやすい街づくりに挑戦していきます。

今後とも宜しくお願いいたします。

院長 ご挨拶Greeting from the Director

宇和島徳洲会病院 院長 仲道 孝次

宇和島徳洲会病院 院長

保坂 征司

平成31年4月1日付で院長に就任しました保坂征司です。

当院は開院してから15年が経過し、地域の皆様の支えと職員の努力により、地域に必要とされる病院へと成長してきました。

例外なく宇和島にも少子高齢化の波が押し寄せており、今後増えると予想されるであろう疾患に備えることが必要です。そして宇和島の限られた医療資源を近隣病院とも連携を取りながら活用し、地域の皆様が安心して生活できるような安定した医療を提供すべく当院もなお一層努力してまいりたいと考えます。

私の専門分野は消化器外科です。扱う疾患は、ヘルニアや胆石症に虫垂炎・胆のう炎といった炎症疾患、さらには胃癌・大腸癌などの消化管悪性疾患です。現在はこれらの治療は小さな傷でテレビモニターを見ながら治療する腹腔鏡手術が主流となってきており、患者様の痛みの軽減だけでなく、治療の質の向上にもつながっています。当院はこれまで内科疾患や腎移植・泌尿器科疾患の治療を主としながら、全国に70余りある徳洲会系列病院のネットワークを活用し幅広い医療を提供してきました。これまで築き上げてきた当院の地域における役割も踏まえ、これまで通りの医療を継続・発展させることを基軸としつつ、私自身少しでも外科疾患の治療を当院で完結できるように貢献できればと思っております。

私はこの病院には10年前から携わっております。特に直近の2年間は毎月訪れており、宇和島の地理もある程度把握するまでになりました。新鮮な海産物も豊富で、歩くたびに新たな発見がある街です。私には海に接した地域での長期生活経験がありませんのでちょっとわくわくしています。

今後ますます地域には欠かせない病院となれますよう、質の高い医療の実践を目指し全職員一丸となって研鑽に努めていきたいと考えております。どうぞこれからも当院をご支援賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

閉じる