-->

掲載日付:2019.06.03

研修医 曽我淳史先生 ご紹介

消化器内科志望しています。宇和島徳洲会病院では、5月25日(土)~7月28日(日)の9週間、研修をさせていただきます。よろしくお願いいたします。
趣味は取り立ててないのですが、観光が好きで、大学に入ってからは、よく温泉巡りをしていました。四国も温泉が沢山あるので楽しみです。スポーツは中学、高校で陸上、大学時代は軟式テニスをしていました。
医者を目指したのは、自分の住んでいたところが田舎で、クリニックの数が減ってきていて、医療の過疎化を感じていていたからで、医師になることで僻地医療を守る一環を担うことが出来ればと思ったからです。これから2か月間研修する宇和島徳洲会病院は地域とのかかわりも深く、最も適した病院だと感じています。
こちらの研修で最初に感じたことは、都会の他の徳洲会と違い、ケアミックス型で高齢者も多く、他の病院から急性期で来ても看取りになってしまうなど、ニーズが違うことです。
今まで主治医になった事はありませんが、この病院では患者さんとの距離が近く、コミュニュケーションをとることで親身になれ、患者さんの思いなどが直接的に伝わってくるので、臨床的にやりがいがあると思っています。出来れば主治医として一人の患者さんを最後まで診ることが出来ればと思っています。まだまだ力不足ですが、出来ることから始め、学びながら必要な知識、技術を磨いていきたいと思います。



曽我 淳史Dr  岐阜県出身 福岡大学医学部卒  福岡徳洲会病院2年目研修医


新しい研修医との歓迎会を焼肉屋さん(ホルモン村)で行いました。初めは緊張していたと思いますが、指導医やスタッフとも打ち解けたようです。なんでも気軽に相談しながら、実りある研修となることを期待しています。


医局の雰囲気が伝わってきます。


そしてこちらは、2次会終了後の1枚です。手を取り合ってどこに行くのでしょうか?


menu close