-->

掲載日付:2019.06.15

直言朗読会

徳州会が毎週月曜日に発行する徳州新聞に、『直言』が掲載されています。
この『直言』は、各施設やグループのリーダーの方々が、それぞれの思い、今後の目標や方針、そして徳洲会の理念を熱く語る場となっています。
今週号(6月10日発行)には、当院の保坂征司院長の『直言』が掲載されました。
当院は、毎週金曜日の朝礼時に直言朗読会を行っています。


各部署が持ち回りで朗読し、感想を述べるのですが、今回は院長ご本人が朗読!!


しかも貞島先生のセリフ入りという、新しい寸劇スタイルでの朗読会となりました。


『直言』は、保坂院長の自己紹介から始まり、院長就任に至った経緯、着任後に感じた宇和島や職員のこと、また、離島・へき地医療への思い等がびっしり詰まった内容でした。 参加した職員は、保坂院長の考えをしっかり受け止め、明るく楽しく皆で頑張ろうと、こころを一つにしました。


menu close