お電話でのお問合せ
メールでのお問合せ
MENU

部門紹介

Introduction

3北病棟
3北病棟
概要
対応する診療科 : 混合病棟(整形外科・泌尿器科・内科等)
病床数 : 52床
看護体制 : チームナーシング
日勤体制 : 看護師7~8名、看護補助者5〜4名
夜勤体制 : 看護師2名、看護補助者1名
部署の特徴
急性期から慢性期まで幅広い患者様が入院されています。おもな疾患としては
・整形外科:大腿骨頸部骨折、胸・腰椎圧迫骨折、変形性関節炎、頸髄症
・泌尿器科:前立腺がん、前立腺肥大症、尿管結石、膀胱がん、腎不全、腎盂腎炎
・内科:肺炎、脳梗塞、心不全、虚血性心疾患
などがあり、とくに泌尿器科は壮年期・老年期の男性の患者様が多いのが特徴です。
高齢で寝たきりの方もいらっしゃいますが、説明を丁寧に行い、同意のうえで治療を行っています。
リハビリ、栄養科、医師、看護師で定期的にチームカンファレンスを開催し、在宅や施設へスムーズに移動できるよう積極的に取り組んでいます。
育児中の看護師が多く、院内保育所を利用しながら家庭と仕事を両立して働いています。さまざまな勤務形態のスタッフがおりますので、お互いに協力してシフトを組んでいます。
3南病棟
3南病棟
概要
対応する診療科 : 腎移植病棟
病床数 : 25床
看護体制 : チームナーシング
日勤体制 : 看護師5名、看護補助者3名
夜勤体制 : 看護師2名
部署の特徴
慢性腎不全で腎移植を受けられる患者様、腎移植後の拒絶反応や感染症・糖尿病治療の必要な患者様が入院しています。患者様は北海道から沖縄まで全国から来られるのが特徴ですが、ADLが自立されている患者様が多く、術前・術後の看護にも集中できます。
また、専門的な知識と技術を要する病棟なので、スタッフはチーム一丸となって患者様の様々な問題に向き合っており、患者様に合った看護・指導の提供を目指しています。看護師は20代〜40代まで様々ですが、チームワークも良く助け合いながら仕事をしています。
4北病棟
4北病棟
概要
対応する診療科 : 医療養病棟
病床数 : 54床
看護体制 : チームナーシング
日勤体制 : 看護師5〜6名
夜勤体制 : 看護師1〜2名、看護補助者2〜1名(看護師、補助者の計3名体制)
部署の特徴
認知症、脳梗塞後遺症などで、ADL全介助の患者様がほとんどを占めています。医療度も高く、看取り・ターミナルケア、吸引や経管栄養を必要とされる方が多いのも特徴です。介護度の高い患者様が多いので、介護福祉士と連携し協力しながら、患者様が安心して、快適に療養生活を送っていただけるよう心がけています。ベッドは常に低床を徹底し、転倒転落の予防に努めています。転倒転落は年に3~4件 です。褥瘡発生率は年1%以内の実績があり、看護・介護で情報を共有しながら力を合わせて取り組んでいます。
看護師は40~50歳代が大半です。それぞれが他の病院や施設での経験がある頼もしい集団で、助け合いながら業務にあたっています。看護師と看護補助者のチームワークも良く、ミーティング結果を手早く実行してくれるスタッフたちでスムーズに業務が行なえています。
4南病棟
4南病棟
概要
対応する診療科 : 障害者病棟
病床数 : 54床
看護体制 : チームナーシング
日勤体制 : 看護師9名、看護補助者2〜3名
夜勤体制 : 看護師2名、看護補助者1名
部署の特徴
パーキンソン病、多系統委縮症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、重度の肢体不自由児(者)、脊髄損傷等の重度の意識障害者、GCSで8点以下の状態が2週間以上持続している患者様、人工呼吸器装着など重度の治療を必要とする患者様が入院されています。高齢の患者様が増えていること、直接の入院が少ないことが特徴です(月に1名ほど)。
ALS患者様については、自律支援を目的に他職種によるチーム医療に取り組んでいます。病気の進行や機能の低下を考慮しながら、生活環境の調整やケアの工夫、個々に合ったコミュニケーションツール「伝の心」の選択・指導を行っています。 患者様自身がメールで外部との情報交換ができるようになると、ケア・マネジメントは患者様ご本人に主体的に行ってもらいます。それらを自律した在宅生活につなげられるようチームでサポートしています。この取り組みは日本中でもまだまだ実施施設は少なく、当病棟への研修参加者が増えつつあります。
直接入院が少ないため超過勤務はほとんどありません。スタッフは20~50代と幅広い年齢層で、多くの看護師が子育てをしながら働いているため、子どもの行事や病気の時などは協力して勤務を調整するなど、ワークライフバランスにも力を入れています。
5北病棟
5北病棟
概要
対応する診療科 : 混合病棟(外科・内科・循環器科)
病床数 : 54床
看護体制 : チームナーシング
日勤体制 : 看護師7~8名、看護補助者4〜5名
夜勤体制 : 看護師2名、看護補助者1名
部署の特徴
内科・外科・循環器病棟で、おもな疾患は以下になります。
・内科:誤嚥性の肺炎、肺炎、脳梗塞、COPD
・外科:急性胆のう炎、胆管炎などの手術療法、癌のターミナル期の緩和ケア
・循環器:心不全、狭心症、心筋梗塞での診断カテーテル検査、PCIの治療
地域性のため高齢の方の入院が多く、外科であれば手術からターミナルの方の看取り、循環器では心臓カテーテル検査など幅広い分野に対応しているため、さまざまな経験ができます。
日々、業務改善しながらチームワーク良く仕事をしているため、急性期病棟ですが、残業時間が平均4~5時間と少なめであることが特徴です。
明るく元気に、笑顔いっぱいで日々の業務をスタッフ全員で力をあわせて乗り切っています。
6南病棟
6南病棟
概要
対応する診療科 : 回復期リハビリテーション病棟
病床数 : 32床
看護体制 : チームナーシング・PNS
日勤体制 : 看護師4〜5名、介護福祉士1~2名
夜勤体制 : 看護師1名、介護福祉士1名
部署の特徴
脳血管障害(くも膜下出血・脳梗塞・脳出血)、大腿骨頸部骨折術後、心不全、肺炎、外科の術後の廃用の患者様がほとんどです。患者様の平均年齢は約80歳前後と高齢の方が占めています。
他職種でチームを組み、目標に向けてアプローチを行うことが特徴です。とくに在宅復帰に向けての機能回復、生活障害の改善、自立度の向上を目指して、その人らしい人生を新しく築いていただけるよう取り組んでいます。
退院後は「宇和島リハビリ友の会」という患者会での在宅支援も行っています。全国の研究大会には毎年発表し、徳洲会グループからの研修も受け入れている元気な病棟です。
病棟スタッフの定着率は高く、若いチームで一丸となって日本一の回リハ病棟を目指してみんなで力を合わせています。
外来
外来
概要
対応する診療科 : 各診療科、救急、内視鏡
1日あたりの外来患者数 : 170人
看護体制 : チームナーシング
日勤体制 : 看護師13名、看護補助者1名、臨床工学技士1名、医師事務7名
夜勤体制 : 当直制
部署の特徴
地域性もあって高齢の方、施設入所の方が多く来院されています。くり返し入退院される患者様が多く、地域の病院や施設との連携をはかりながら入退院の調整を行っています。
疾患は脳血管疾患、心疾患、腎疾患、糖尿病、癌、骨折など多岐にわたり、急性期・慢性期を問わずに受け入れています。一般総合外来・救急外来では急性期のさまざまな疾患の看護が学べます。“断らない医療”を心がけ、24時間体制で救急患者を受け入れています。物忘れ(認知症専門)外来、ALS(神経内科)外来といった特殊外来も行っており、専門的な看護にも関われます。
各診察対応、検査、処置・救急など、業務の共有化と知識・技術の向上をはかり、スタッフ全員で協力するチームづくりに取り組んでいます。
手術室
手術室
概要
対応する診療科 : 外科・整形外科・泌尿器科・循環器
1月あたりの手術件数:40~50件
日勤体制 : 看護師5名
夜勤体制 : 待機制
部署の特徴
泌尿器科の手術が全体の7割を占め、外科・整形外科・心臓カテーテル検査はそれぞれ1割ずつになっています。
対応している主な手術は
・泌尿器科:前立腺肥大、前立腺がん、腎腫瘍、膀胱腫瘍、尿管結石、腎移植術
・外科:腹腔鏡下胆のう摘出、鼠径ヘルニア、大腸癌等の腸切除
・整形外科:大腿部頸部骨折の手術
などで、月に40~50件扱っています。
とくに泌尿器科の手術はほぼ毎日のように行っています。
男性と女性の看護師が半々におりますが、全員が子育て中です。子どもの病気や学校行事の際には、お互いで協力して勤務体制を整え、ワークライフバランスを保てるように努めています。
そのため平均勤続年数は長めで、経験豊富な看護師が多く在籍しています。
ICU
ICU
概要
対応する診療科 : 全科目
病床数 : 4床
日勤体制 : 看護師1~2名
夜勤体制 : 看護師1~2名
部署の特徴
外科・泌尿器科の全身麻酔後の管理、循環器科治療後や各病棟での急変患者様、救急外来からの重症患者様の受け入れを行っています。
対応するおもな疾患としては
・外科:胆のう炎、胆石症、胃がん、大腸がん
・泌尿器科:慢性腎不全患者様の腎移植、前立腺がん、膀胱腫瘍
・循環器科:狭心症、心筋梗塞
などです。
患者様の重症度が高いため、高度なME機器や多くの薬剤、ドレーン類の管理を行うのが特徴です。すべての領域の疾患を扱うので十分な知識・技術が必要とされますが、経験豊富で明るく気さくなスタッフがそろっており、ICU未経験者でも一緒に勉強できる環境です。
患者様のちょっとした変化や状態の改善など、看護の喜びを感じられる機会が多く、医師・コメディカルとも良好なコミュニケーションが取れています。
*ICUの加算はとっていません。3南病棟のサブ病床として機能している病床です。
透析室
透析室
概要
病床数 : 22床
1日あたりの受け持ち患者数 : 6〜7人
日勤体制 : 看護師4名、臨床工学技士3名
部署の特徴
慢性腎不全、糖尿病性腎症等の原疾患の患者様が多く、高齢者が半分以上を占めています。
透析患者様の登録数は月85件ですが、移植を受けられる患者様の入院があると件数は変動します。
患者様とのコミュニケーションはとれており、スタッフ全員が患者様に安心して透析を受けて頂けるよう心がけ、目配り・気配り・心配りをして、良い透析環境を提供しています。患者様からのクレームは少ないです。
スタッフの年齢層は、勤続10年以上の看護師、5年以内の看護師、1年未満の看護師とさまざまです。全員が透析を希望し入職しているため、やりがいもあり、楽しく、元気に仕事をしています。臨床工学技士もおり、看護師と一緒に協力して業務を進めています。
訪問看護・地域連携室
訪問看護・地域連携室
概要
対応する診療科 : 要支援〜要介護まで可能
1日あたりの受け持ち患者数 : 4~5名
日勤体制 : 看護師5名
夜勤体制 : 待機制
部署の特徴
登録している患者様は30代~100歳以上の約60人前後で、要介護3~5の重度の方が半数を占めています。後期高齢者の方が約80%、癌、COPD、ALS、腎不全、心不全などさまざまな疾患の方を対象にしています。
病院内の訪問看護であるため、病棟や外来、主治医と連携を図りやすく、入院から在宅または在宅から入院への移行がスムーズに行えます。又、現在は、院外の先生方からも受け入れを行っています。 癌の末期患者様の疼痛コントロールや、穏やかな在宅看取りを推進しています。アロマトリートメントができる看護師がいるため、ご希望の方には取り入れておりとても好評です。 患者様本人・ご家族が希望され、自宅での看取りができた際などは、看護師としての充実感を感じています。
又、病院の中にステーションがあるため、在宅への移行もスムーズに行えています。お住まいの地域で「訪問介護」を利用し在宅療養生活を安心して送ることができますようサポートいたします。
  • 看護部サイト
  • 部門紹介
pagetop