療養病床の転換について

平成29年3月28日
宇和島徳洲会病院
院長 池田佳広

療養病床の転換について

 平素は当院の活動にご理解とご協力を頂き、厚くお礼申しあげます。

 さて、近年の高齢化に伴い医療・介護を取り巻く状況は益々厳しいものとなっております。厚生労働省は医療需要が増大する中で、病床機能分化を進めており、介護のケアが中心となる介護療養病棟を平成29年度末に廃止と予定しています。

 つきましては、当院におきましても、平成29年5月1日に介護療養病床(4階北病棟 54床)を医療療養病床へ転換することとなりました。

 対象となる患者様につきましては、個別にご説明をさせていただき、病状や医療ニーズ等、総合的に判断させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 今後も充実した入院体制の提供を目指していく所存ですので、変わらぬご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。