平成27年度 宇和島徳洲会病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
1.年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 3 8 16 32 49 121 357 459 659 313
平成27年度に当院の一般病棟、障害者病棟、回復期リハビリテーション病棟を退院された患者さんの年齢階級別(10歳刻み)患者数です。地域の高齢化に反映して、60歳以上の高齢者の入院数が多くなっています。また、地域に根ざした医療の提供を行っております。
2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 130 71.39 21.69 0.77 84.52
040080x099x0xx 肺炎、急性気管炎、急性細気管支炎(15歳以上) 54 14.15 14.34 1.85 83.33
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 27 29.89 18.99 0 84.96
誤嚥性肺炎の入院では、日常生活の基本的動作が困難で、自宅療養が難しいため、施設入所を希望される患者様も多く、調整やリハビリテーションに期間を要することなどから在院日数が長くなっています。
循環器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 46 2.63 3.07 0 70.13
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 25 30.04 21.69 0 87.0
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 21 63.95 15.8 9.52 76.76
狭心症では、クリティカル・パスを使用したカテーテル検査を目的とした入院が多くなっております。脳梗塞の入院では、他院からのリハビリテーション目的の転院のため在院日数が長くなっております。
外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060130xx99000x 食堂、胃、十二指腸、他腸の炎症
(その他良性疾患)
13 7.85 7.38 0 75.85
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 9 32.67 15 0 77.22
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 6 28.33 21.34 0 79.67
肺癌の入院では、他院からの転院を受け入れております。
整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷
(胸・腰髄損傷を含む。)
15 37.33 21.52 0 80.87
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 11 46.55 28.7 18.18 90.45
071030xx99xxxx その他筋骨格系・結合組織の疾患 10 15.3 10.51 20 82.1
腰椎圧迫骨折や大腿骨頸部骨折のリハビリテーションを主に治療を行っています。
泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 92 10.28 10.25 0 73.02
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 38 21 14.03 0 73.08
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 13 3.92 5.91 0 62.77
前立腺肥大症に対する経尿道的手術を多く行っています。
3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 9 2 0 3 0 4 1 7
大腸癌 1 3 3 1 2 8 1 7
乳癌 0 0 0 0 0 0 1 7
肺癌 0 0 1 3 2 15 1 7
肝癌 0 0 0 0 2 0 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌について、集計期間に治療を行った、初発患者の病期分類による延べ患者数、再発患者数を示しています。当院での、がんの診断初回診療を行った場合を初発として病期分類ごとに集計し、初回治療以降の継続治療を行った場合を再発として集計しています。
がんの病期分類はがんが、どれくらい進行しているのという病期・進行度を意味し、Stage0からStageⅣまであり、StageⅣが最も進行していることになります。
当院では、肺癌の件数が最も多く、他院で治療後にBSC目的とした患者様が多く入院されております。
また、内視鏡検査も行っており、初期の段階で発見治療を行っております。
4.成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 7 10.43 65.43
重症度 1 15 35 79.67
重症度 2 15 17.33 84.27
重症度 3 2 13.5 87
重症度 4 0 0 0
重症度 5 0 0 0
不明 0 0 0
入院のきっかけとなった病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(誤嚥性肺炎、インフルエンザ肺炎、ウイルス性肺炎を除く)であって、市中肺炎(入院後発症を除く)の患者さんが対象となります。
日本呼吸器学会、成人市中肺炎診療ガイドライン、肺炎重症度分類に基づき、入院時の状態から重症度を決定し、重症度ごとに患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
当院の肺炎患者は高齢者が多く、年齢に比例して重症度が高くなる傾向にあります。
5.脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 8 8.25 73.75 0
その他 3 5.33 91.67 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 21 33.71 77.9 3.57
その他 35 49.69 76.26 3.57
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 1 3 76 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
ICD10とは、疾病及び関連保健問題の国際統計分類です。WHOによって公表された分類で、死因や疾病の統計、診療記録の管理などに活用されます。疾病の分類をアルファベットと数字によって表しています。
医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者さんを対象として、その発症から入院までの日数別に症例数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
当院では、回復期リハビリテーション病棟があり、他院で治療後のリハビリテーション目的での入院を多く受け入れています。
6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k664 胃瘻造設術
(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
16 342.13 80 6.25 80.94
k5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 6 21.33 39 0 74.67
k7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 6 2.33 4.5 0 68.33
内科、外科ともに大腸ポリープの切除関する件数が多くなっています。
循環器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 21 4.76 4.33 0 79.67
k0461 骨折観血的手術(大腿) 12 7.5 74.83 0 86.92
k664 胃瘻造設術
(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
7 26.43 18.71 0 81.29
骨折観血的手術(大腿)は整形外科で施行しています。
外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k6335 鼠径ヘルニア手術 7 2 9 0 65.86
k672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 6 1.33 6.83 0 52.33
k6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術
(早期悪性腫瘍粘膜下層)
5 1 8.6 0 69.8
内科、外科ともに大腸ポリープの切除関する件数が多くなっています。
整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k0461 骨折観血的手術(大腿) 11 5 44.18 18.18 86.45
k0811 人工骨頭挿入術(股) 3 7.33 87.33 0 85.0
k0801 関節形成術(肩) 2 1 58.5 0 63.5
高齢者の転倒ごの骨折後の骨折観血的手術(大腿)の件数が多いです。手術後、自宅退院を目標に回復期リハビリテーション病棟でリハビリを行って退院して頂いております。
泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k8412 経尿道的前立腺手術(その他) 92 1.23 8.27 0 73.02
k843 前立腺悪性腫瘍手術 40 2.38 18.18 0 72.83
k610-3 内シャント設置術 18 6.44 27.83 5.56 65.72
当院は泌尿器科の手術件数が多く中でも経尿道的前立腺手術(その他)を行っています。
7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.05
異なる 12 0.60
180010 敗血症 同一 7 0.35
異なる 40 2.01
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.05
異なる 2 0.10
180040 手術・処置等の合併症 同一 17 0.85
異なる 2 0.1
臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして重篤な疾患である敗血症、播種性血管内凝固症候群、その他の真菌症について発症率を集計しています。医療資源と最も投与した病名と入院のきっかけとなった病名が同一かそれ以外で件数を集計しています。
発生率(%)は各集計項目ごとの患者数/退院患者数で算出しております。
消化器系の大手術ごに血液の凝固に異常をきたす播種性血管内凝固を起す場合があります。
また、当院は腎移植を行っており、免疫抑制剤を服用されている感染リスクの高い患者様もおられ、真菌症の症例の患者様がおられます。
手術・処置後の合併症は、透析カテーテルの閉塞、術創部の出血、人工関節の感染、機械的合併症などの症例が見られました。
更新履歴
2016/9/28
公開。