通所リハビリテーションとは

通所リハビリテーションとはその方の能力に応じて可能な限り自宅で自立した日常生活を営むことができるように通所リハビリテーション計画に基づき理学療法、作業療法や、その方に必要なリハビリテーションを行いご利用者様の心身機能の維持・回復を図ることを目的としています。

当院の通所リハビリテーションでは理学療法士・作業療法士による専門的なリハビリテーション(個別リハビリテーション)、パワーリハビリをはじめ、看護師による定期的な健康チェックや介護職員による個人の能力に応じた介護などを行い、ご利用者様が安心して在宅生活を継続することができるように支援を行います。

デイサービス(通所介護)との違い

デイサービスは、入浴、食事、排泄など、日常生活の世話のほか、レクリエーションが主となりますが、デイケア(通所リハビリ)は、常勤の医師とリハビリ専門のスタッフがいて、日常生活を継続するため、精神面、身体機能の維持・回復のためです。

どんな人が利用できるの?

介護保険の認定を受けた方が利用できます。

  • 通所リハビリテーション 要介護1~5
  • 介護予防通所リハビリテーション 要支援1・2

併設病院との連携で重度の方でも安心してご利用いただけ、医療面でのサポートも万全です。

基本的なスケジュール

送迎・健康チェック・入浴・食事・リハビリテーション

    1. 皆様のお宅までお伺いいたします。
      貸し出し用の車椅子、車椅子のまま乗車できるリフト車も用意していますので、ご安心してご利用いただけます。
    2. デイケアルーム到着後、一息ついていただいた方から血圧、体温などを測定し、健康状態を確認します。
      大浴槽の他、車イスの方でも安心して入浴していただけます。(機械浴はありません)
      楽しいお風呂の時間をゆっくりと安全にお過ごし下さい。
    3. 当院の管理栄養士により、バランスを考えた食事を用意しています。
      カロリー制限やお粥、きざみ食など皆様の状態に合わせた形で提供させて頂きます。
    4. おやつは季節の御菓子を作っていただくこともあります。
    5. お帰りの準備や身支度後、ご自宅までお送りさせていただきます。

一人ひとりの通所リハビリテーション計画書により、以下のメニューを実施しています。

 

通所リハビリテーション計画

作業療法
    1. 健康状態の維持を図ります。
      一日の中の活動する時間と休む時間のバランスを取り、リズム感のある生活を送っていただくことで、健康状態の維持を図ります。
    2. 日常生活を一人で行えるように支援します。
      食事やトイレなどの身のまわりのことや、家事や買い物などの日常生活を一人で行えるように、身体能力の向上や周囲の環境の調整、介助方法の提案などを行います。
      食事やトイレなどの身のまわりのことや、家事や買い物などの日常生活を一人で行えるように、身体能力の向上や周辺の環境調整、介助方法の提案などを行います。
    3. 福祉用具の提案や自宅の環境調整を支援します。
      その人に合った福祉用具を選んだり、自宅の環境を整えることで日常生活を一人で行えるよう支援します。
      例)使いやすいスプーン、お皿、手すり、滑り止めマットなど。
    4. 余暇活動の充実を図ります。
      今までの趣味や新しいことに挑戦することに対して、身体能力の向上を図ったり新しい方法を一緒に探したりして、余暇活動の充実を図ります。
理学療法
    1. 身体機能の維持を図ります。
      筋力強化やマッサージ、関節の運動を実施し、体をほぐしたり拘縮の予防を行います。
    2. 日常の動きの練習を行います。
      立位・座位等のベッド周りの動作や、歩行や車椅子操作などの移動動作の獲得を図ります。
    3. 歩行訓練を行います。
      杖、歩行器などの器具を使用し、屋内だけでなく屋外歩行、坂道歩行、階段昇降も必要に応じて実施して行きます。
    4. 体力増進を図ります。
      持久力、体力を高め、寝たきりや引きこもりを予防します。
物理療法(温熱療法)

温熱療法とは、病人の身体を暖めたり冷やしたりする温度刺激で、古代より行われている物理療法の基本的要素の一つです。

当事業所ではホットパックを使い、主に慢性関節リウマチ、変形性関節症、変形性脊椎症、腰痛症、筋肉痛、各種神経痛等。

中枢神経麻痺による筋痙性の緩解 、血行改善または、理学療法施行の前処置、関節拘縮に対する矯正運動療法牽引療法の前処置等を目的に応じ実施しています。

物理療法(低周波療法)

身体に電流を流すと筋肉が収縮し、電流を切ると筋肉は弛緩します。

これを利用し、低周波電流(パルス電流)を体に流すことで筋肉が収縮と弛緩を繰り返します。

これは、マッサージしているのと同様の効果があります。
血行不良の改善(こり・疲れ・しびれ・血行不良による痛み)、麻痺した筋肉の萎縮防止、神経痛みなどの痛みの緩和を主な目的としています。

 

利用について

ご利用時間
  • 月曜日~土曜日 : 午前9時30分~午後4時00分
  • その他の時間帯につきましては、要相談いたします。

尚、日祝日、年末年始(12月30日~1月3日まで)は休業日と致します。
ご利用の回数は本人、家族、主治医、ケアマネージャーが相談し、ケアプランを作成した上で決定いたします。

利用者負担額について

法定介護報酬自己負担額、サービスを提供させて頂く月の前月末に、居宅介護支援事業所の担当ケアマネージャーより「サービス利用票およびサービス利用票別票」にて提示されます。

その他に、実費負担額 昼食費として460円(実費負担)頂きます。

利用料等の請求については、サービスを受けた月の翌月10日頃に、請求させて頂きます。

持ち物
  1. 介護保険証(初回利用時、更新時のみ)
  2. 運動靴(はきやすい靴)― フロア内は外履きで過ごします。
  3. 着替え、バスタオル1枚、タオル枚、ビニール袋(脱いだ衣類等を入れます)
  4. 紙おむつ等(普段お使いの物をお持ちください)
  5. 服用中のお薬(お昼の分のみ)
  6. 現在使用中の補助具等(車椅子、歩行器、杖、シルバーカー等)
  7. 歯磨きセット(昼食後使用)― お預かりする事も出来ます。
  8. 連絡帳(当事業所にてご用意いたします)

※動きやすい服装でで結構です。
※持ち物には必ずご記名をお願いいたします。

 

 取り組み

パワーリハビリ

パワーリハビリとは、トレーニングマシンを用いた筋力トレーニングの意味合いではなく、体の筋肉や間接をバランス良く、スムーズに動かす事を目的に行うリハビリテーション手法の一つです。

始めは、徐々にゆっくりと、軽負荷(楽に感じる程度の重さ)で行うマシントレーニングの中で、日頃使われていない筋肉や関節、神経を動かし、よりスムーズな動作の獲得を目指します。

また、リハビリ専門スタッフが、ご利用者様に合った機材の指導を行ないますので、安心してトレーニングに励むことができます。

 

学習療法(くもん式学習療法)

物忘れと認知症

人間は年をとると物忘れが多くなります。「人の名前が出てこない」、「朝、何を食べたか、忘れた」などです。

これは老化のひとつで、自然なことで、生活上も支障ありません。

これに対して、老人性認知症が進行すると、体験や出来事のすべての記憶を失っていきます。朝食を食べたことそのものを忘れてしまいます。

困ったことに、忘れていること自体がわからなくなりますので、社会生活、日常生活に支障をきたします。

前頭前野と老人性認知症

老人性認知症の方と接するとき、第1に問題となるのがコミュニケーションの障害です。

言葉を介したコミュニケーションそして表情などの言葉を介さないコミュニケーションの双方がうまくいかず、他者との意思の疎通が困難になります。

感情のコントロールが効かず、突然怒りだして周囲の方を困らせることも問題です。

そして第2の問題は、身辺の自立です。食事や衣服の着替えなど他人の手助けが必要となります。

これらの問題点、つまりコミュニケーション、感情、身辺の自立などは、すべて大脳にある「前頭前野」という領域がコントロールしています。

つまり、老人性認知症の原因は様々ですが、社会で問題となるその症状のほとんどは前頭前野の機能に関係するものなのです。

学習療法は、この前頭前野を活性化させ、認知症の改善をはかるものです。
さらには、健康な高齢者の認知症予防にも応用されています。

当事業所は、くもん式学習療法を取り入れた愛媛学習療法研究会の会員です。

 

愛媛学習療法研究会は、主に愛媛県において学習療法、脳の健康教室を実施している施設、医療機関等で構成され、現在、約30施設、40事業所が会員として活動しています。

本研究会の設立目的は、くもん学習療法の導入と研究を進めることにより、その効果向上を目指すことは勿論、会員間の連絡協力の緊密化と会員施設の職員の資質向上を図り、正しい学習療法を普及推進することで地域住民の認知症の予防改善を図ることにあります。

その目的を実現するため、本研究会では以下の活動に取り組んでいます。

  • 業種間の垣根なく活動できる場の提供(愛媛学習療法研究会)
  • 研究活動について実践的、具体的に一般へ発信できる人材育成(育成士勉強会)
  • 施設にとどまらず、行政、地域へ向けての普及活動(脳の健康教室など)
  • 学習療法を実践していく中での職員、施設のレベルアップを行う(施設間交流など)
  • 地域全体、愛媛全体の介護の質を高める(講演会開催など)

くもん学習療法には、別途自費にて費用が掛かります。(詳しくは担当者まで)

愛媛学習療法会ホームページ http://ehimegakusyu.jimdo.com/
くもん学習療法Rは東北大学・川島隆太教授と株式会社公文教育研究会により商標登録されています。