病院案内

平成29年度 宇和島徳洲会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 - - 10 19 63 143 291 467 692 341

平成29年度に当院の一般病棟、医療療養病棟、障害者病棟、回復期リハビリテーション病棟を退院された患者様の
年齢階級別(10歳刻み)患者数です。(DPC包括算定の患者様のみ)
当院の入院患者様の平均年齢は、76.63歳、全体に占める60歳以上の割合が88.05%、80歳以上は50.79%、
入院全体の大半を後期高齢者が占めています。2人に1人、80歳以上の方が入院されてます。
10症例未満の症例はハイフン(-)で示しています。
10~:7件

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 153 39.65 20.83 1.31 85.81  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 62 24.15 12.34 3.23 83.90  
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 30 36.33 18.48 6.67 87.43  
050130xx99000x 心不全 29 31.97 17.71 0 89.72  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 19 6.21 5.15 0 67.79  
退院患者様の平均年齢は80.14歳と高齢の方が多く、加齢による嚥下機能低下からの誤嚥性肺炎や、肺炎、尿路感染等の感染症,心不全が上位を占めております。
誤嚥性肺炎、肺炎の平均在院日数は、全国平均に比べて長く見えますが、一般病棟治療後に院内併設の障害者病棟、医療療養病棟への転棟があり、一般病棟以外の在院期間も含まれているため日数が長くなっています。一般病棟の平均在院日数と全国平均在院日数を比較するとほぼ標準日数で治療が終了していることが分かります。(下記に転棟率、一般病棟の平均在院日数を示しています)
高齢者の方で、治療が終了し身体機能回復の為、回復期リハビリテーション病棟や療養病棟を経て、ご家族とご相談しながら退院されるケースも多くあります。

誤嚥性肺炎、肺炎の転棟率と一般病棟の平均在院日数は以下の通りです。
誤嚥性肺炎:転棟率 33.99%(52件)、一般病棟の平均在院日数 :23.15日
肺炎:転棟率 33.33%(10件)、一般病棟の平均在院日数: 21.10日
消化器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 - - 20.83 - -  
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 9.16 - -  
060140xx99x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) - - 8.83 - -  
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 - - 9.06 - -  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 - - 5.50 - -  
平成30年1月より消化器科開設の為、3ヶ月分(1月~3月)の集計結果です。
10症例未満の症例はハイフン(-)で示しています。誤嚥性肺炎:4件 脱水症(体液量減少症):2件
消化器疾患だけでなく、高齢者に多い、誤嚥性肺炎、脱水症等の内科疾患の患者様も治療を行っております。

循環器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 35 3.31 3.03 0 71.94  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 13 23.54 20.83 0 87.85  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 13 4.62 4.62 0 73.00  
050130xx99000x 心不全 12 12.17 17.71 0 89.25  
050130xx99020x 心不全 10 24.60 24.77 0 88.60  
退院患者様の平均年齢は79.83歳となっております。他科同様、高齢となっております。
狭心症はDPC名称が2つあります。050050xx99100xDPCコードは心臓カテーテル検査を行う診断群コードです。050050xx02000xは経皮的冠動脈形成術というカテーテル手術を行う診断群コードとなります。カテーテル検査で異常があった場合は、手術治療を行います。
心不全も狭心症と同様に2つのDPCコードがありますが、050130xx99020xはSPECT検査(心臓検査)を行っているコードとなります。

外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 - - 8.98 - -  
080250xx99x1xx 褥瘡潰瘍 - - 33.38 - -  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 - - 10.61 - -  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 - - 15.61 - -  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 - - 9.68 - -  
外科では上記のように様々な疾患が混在しています。腸閉塞や褥瘡、胆管結石、結腸癌、頭部打撲以外にも、同位のコード中には、虫垂炎や胆のう炎、憩室炎等の治療も行っています。
褥瘡潰瘍は高齢の方が多く、褥瘡が悪化された状態で入院されます。医師や皮膚排泄専門看護師中心とした褥瘡チームが参加し治療やケアを行っています。
退院患者様の平均年齢は70.33歳と他科に比べてやや低めとなっておりますが、虫垂炎や胆のう炎等の疾患では若年層の患者様を診療を行っているためです。
10症例未満の症例はハイフン(-)で示しています。
腸閉塞:7件 褥瘡潰瘍:7件 胆管結石:5件
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 20 30.45 19.94 5.00 79.20  
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 18 41.28 27.09 22.22 83.11  
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 - - 22.08 - -  
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 - - 9.88 - -  
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 - - 15.22 - -  
胸腰椎圧迫骨折や大腿骨骨折、腰痛症の患者様が多くを占めており、積極的にリハビリテーションを行っています。
股関節大腿近位骨折の疾患は2段にわかれていますが、160800xx01xxxxの患者様は骨折観血的手術又は人工骨頭挿入術を行った方です。
退院患者様の平均年齢は76.78歳となっております。
10症例未満の症例はハイフン(-)で示しています。
頸部脊柱管狭窄症:5件 腰痛症:5件 大腿骨骨折:3件 
リハビリテーション科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 23 88.65 19.94 0 84.09  
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 10 86.9 27.09 0 85.6  
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 - - 15.22 - -  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) - - 19.10 - -  
010060x2990200 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) - - 20.12 - -  
疾患として、胸腰椎圧迫骨折、大腿骨頸部骨折、脳出血、脳梗塞があり、一般病棟での治療を終え、回復期リハビリテーション病棟で
診療を行なっている患者様のDPC診断群コードです。回復期リハビリテーション病棟では、他院で治療をされ、リハビリテーション目的での転院も受け入れを行なっています。リハビリテーションを中心とした治療となりますので、在院日数は疾患や症状によって異なりますが1ヶ月~3ヶ月を目安に退院されています。
股関節大腿近位骨折の疾患は2段にわかれていますが、160800xx01xxxxの患者様は自院にて骨折観血的手術又は人工骨頭挿入術を行った方です。
10症例未満の症例はハイフン(-)で示しています。
大腿骨頸部骨折(手術なし):9件 脳出血:6件 脳梗塞:4件 
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 58 12.16 9.73 0 75  
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 23 23.39 12.92 0 75.26  
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 13 4.77 7.31 0 78.23  
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 10 10.6 12.23 0 66.1  
11012xxx01xxxx 上部尿路疾患 - - 14.32 - -  
退院患者様の平均年齢は70.21歳となっております。
前立腺肥大症に対して経尿道的前立腺手術、前立腺癌に対して前立腺悪性腫瘍手術を行う患者様が多くを占めています。
その他の疾患として膀胱癌、末期腎不全、尿管結石があげられます。
また、泌尿器科の特色の一つに生体腎移植術があり、平成29年度は37件の生体腎移植術目的の入院患者様がいらっしゃいました。
上位の疾患で2位の位置づけではありますが、DPC診断群分類(DPCコード)の対象外となります。
10症例未満の症例はハイフン(-)で示しています。
尿管結石:7件

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - - 10 2  
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 2  

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌について、集計期間に治療を行った、初発患者の病期分類による延べ患者数、再発患者数を示しています。
当院での、がんの診断初回診療を行った場合を初発として病期分類ごとに集計し、初回治療以降の継続治療を
行った場合を再発として集計しています。
がんの病期分類はがんが、どれくらい進行しているのという病期・進行度を意味し、Stage0からStageⅣまであり、
StageⅣが最も進行していることになります。
10症例未満の症例はハイフン(-)で示しています。
胃癌:StageⅠ:4 不明:1 再発:6
大腸癌:StageⅠ:2 StageⅡ:4 StageⅢ:1 StageⅣ:2 不明:1 再発:10
肺癌:StageⅠ:1 再発:7
肝癌:StageⅣ:1 再発:1
当院は、大腸癌の患者が多く、初回治療後に緩和目的とした患者様が多く入院されています。
また、内視鏡検査も行なっており、Stage初期の段階で治療を行なっています。
転院患者様も多くおられ、初回治療以降の継続治療の患者様は再発に集計されています。、

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 28 24.43 79.89
重症 11 23 82.55
超重症 - - -
不明 - - -

入院のきっかけとなった病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎
(誤嚥性肺炎、インフルエンザ肺炎、ウイルス性肺炎を除く)であって、市中肺炎(入院後発症を除く)の患者さんが
対象となります。日本呼吸器学会、成人市中肺炎診療ガイドライン、肺炎重症度分類に基づき、
入院時の状態から重症度を決定し、重症度ごとに患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
10症例未満の症例はハイフン(-)で示しています。
軽症:4件、 超重症:0件 
もっとも多い件数は中等症となっております。

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内 41 46.32 78.51 8.33
その他 19 67.68 75.89 0

ICD10とは、疾病及び関連保健問題の国際統計分類です。WHOによって公表された分類で、死因や疾病の統計
診療記録の管理などに活用されます。疾病の分類をアルファベットと数字によって表しています。
医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者さんを対象として、発症3日以内」と「その他(4日以上)」に分けて、
患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
10症例未満の症例はハイフン(-)で示しています。
当院では、回復期リハビリテーション病棟があり、急性期病棟で治療を行い、リハビリテーション病棟を経由して在宅に退院される患者様も多くおられます。
また、他院からのリハビリテーション目的での入院も受け入れを行なっています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 61 0.95 1.98 0 64.02  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 14 45.64 117 0 78.79  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 12 9.42 6.92 0 69.17  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - 0 -  
               
出血性胃潰瘍に対する内視鏡的消化管止血術、黄疸・胆管炎等に対する内視鏡的胆道ステント留置術等を行なっています。
胃瘻造設を行う患者様は障害者病棟に転棟されて退院される方が多く、術前や術後の日数が長期間となっています。
10症例未満の症例はハイフン(-)で示しています。
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上):7件
循環器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 34 6.62 26.97 3.4 70.91  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - - - - -  
循環器科では冠動脈の閉塞・狭窄の病変拡張の為に、カテーテルを使用したステント留置術を行う件数が多くなっています。
経皮的冠動脈ステント留置術では、不安定狭心症、急性心筋梗塞とその他の疾患に対するもので分類されています。
10症例未満の症例はハイフン(-)で示しています。
四肢の血管拡張術・血栓除去術:7件 ペースメーカー移植術(経静脈電極):6件  経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症):4件
経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞):2件
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - - - - -  
K681 胆嚢外瘻造設術 - - - - -  
K6335 鼠径ヘルニア手術 - - - - -  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) - - - - -  
K386 気管切開術 - - - - -  
胆のう炎・胆石症に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術・内視鏡的乳頭切開術等、開腹を行なわない体への負担の少ない手術も行っています。
10症例未満の症例はハイフン(-)で示しています。
腹腔鏡下胆嚢摘出術:5件 胆嚢外瘻造設術:4件 鼠径ヘルニア手術:3件 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術):3件
気管切開術:3件
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 30 15.21 68.34 0 82.62  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 12 7.75 54.83 16.7 81.75  
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 10 6.9 49.5 10.0 63.8  
K0801 関節形成手術(膝) - - - - -  
K0462 骨折観血的手術(下腿) - - - - -  
ご高齢患者さんの転倒後骨折に対する、骨折観血的手術(大腿)の件数が多くなっています。
手術後、回復期リハビリテーション病棟にて、在宅や施設での生活を意識した積極的なリハビリテーションを行っています。
10症例未満の症例はハイフン(-)で示しています。
関節形成手術(膝):4件 骨折観血的手術(下腿)3件
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 32 4.03 9.78 3.12 75.94  
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 29 1.24 9.62 0 75.03  
K843 前立腺悪性腫瘍手術 26 2.85 20.58 0 75.23  
K610-3 内シャント設置術 17 11.06 56.53 5.88 68.41  
K6335 鼠径ヘルニア手術 14 1 9.14 7.14 76.29  
当院は泌尿器科の手術件数が多く中でも、前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺手術が多くを占めています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 - -
異なる - -
180010敗血症同一 11 0.55
異なる 33 1.64
180035その他の真菌感染症同一 - -
異なる - -
180040手術・処置等の合併症同一 13 0.65
異なる - -

臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして重篤な疾患である敗血症、播種性血管内凝固症候群、
その他の真菌症について発症率を集計しています。
医療資源と最も投与した病名と入院のきっかけとなった病名が同一かそれ以外で件数を集計しています。
発生率(%)は各集計項目ごとの患者数/退院患者数で算出しております。
ご高齢の患者さんが多く、誤嚥性肺炎、尿路感染症等の感染症から敗血症になり播種性血管内凝固を起す場合あります。
手術・処置後の合併症の主な症例は、透析カテーテルのシャント閉塞が多くあります。

更新履歴
2018.09.28
公開

© 2018 宇和島徳洲会病院 All Rights Reserved.